「Sentinels」がVALORANT部門を設立、sinatraa、ShahZaM、SicK、zombと他タイトルの有名プレイヤーを獲得しています。


今月29日、アメリカに拠点を置くeスポーツチームSentinelsは、Riot Gamesの新作FPSであるVALORANT部門を設立、オリジナルメンバーとしてsinatraa、ShahZaM、SicK、zombの4人のプレイヤーを獲得したことを発表しています。

Overwatchのトッププレイヤーとして知られる20歳のプレイヤーsinatraaは、昨年9月に行われた賞金総額350万ドル(約3.7億円)の世界大会Overwatch League 2019にて優勝、そしてMVPを獲得しており、国別対抗戦のOverwatch World Cup 2019においても優勝、MVPを獲得しています。


また、Apex Legends、Overwatchでのプロ経験を持つzombsはSentnelsのApex Legends部門より転向、CS:GOのトップシーンでの経験を持つSicK、ShahZaMが加入し、他タイトルでのトッププレイヤーで構成されたチームとなります。
SetinelsのCEOを務めるRob Mooreは、VALORANT部門設立について「チームとしての私たちの目標は、eスポーツで最大かつ最もエキサイティングなタイトルとファンを繋ぎ、FoteniteやHaloなどのタイトルと同様に世界トップを目指すチームを構築します。」と述べ、sinatraa、ShaZaM、SicKといった他タイトルのトッププレイヤーと契約を結ぶことにより、世界トップを目指す意向を明かしています。

新たにVALORANT部門を開設したSentinelsのラインナップは以下になります。

 Jay "sinatraa" Won
 Shahzeb "ShahZaM" Khan
 Hunter "SicK" Mims
 Jared "zombs" Gitlin

コメント


Sponsored Link