Steamより公開されるAIM練習ゲーム「Aim Lab」にコミュニティがマップを作製できる新機能「Creator Studio」が登場しています

Aim Labは、今月26日に公開したベータ版で新コンテンツ「Creator Studio」を発表。Creator Studioは、カスタムマップの作製、マップの練習、ワークショップ公開まで、全てがAim Labのゲーム内で行える新コンテンツとなっています。

Creator Studioのマップ作製機能には、数百のアイテム、様々な地形、道、BOTの配置、挙動など全てが設定でき、お好みのマップをゲーム内で制作することが出来ます。

Creator Studioには数百を超えるオブジェクトが存在。

建物などのオブジェクトも設置可能。

BOTの配置も可能。サイズ、挙動など細かいところまで設定可能となっている。

作製したマップはホーム→タスク→SCENARIOSからプレイできる。

コミュニティ作製のマップはホーム→ワークショップ→SCENARIOSからインストール可能。

ワークショップにはCS:GO、VALORANTなどのマップがデフォルトでインストールされている。上記の画像はCS:GOの人気マップDust 2。

上記の画像は、VALORANTのヘイブン。所定の位置に設置されたBOTを倒しタイムを競う。

Aim Labは、設定からVALORANT、CS:GO、Overwatc、PUBGなど、様々なゲームに合った感度を設定できるため、気になった方は是非Steamからインストールしてプレイしてみてください。

関連記事
VALORANTの射撃場で丸一日をかけBOTに1,000万ダメージを与える猛者現る、その快挙にVALORANT開発チームも称賛

コメント


Sponsored Link