Amazon ゲーミングデバイス祭り

Cloud9が保有するVALORANTチーム「Cloud9 Blue」に北米リーダーボードランキング1位の経験を持つPoizが加入したことが発表されています。

VALORANTの北米リーダーボードランキングの第二回目の発表で、1位にランクインしたDOINKMACHINE97。第一回目の発表で1位を獲得したTenZを抑え、1位にランクインしたそのプレイヤーは誰か、とコミュニティで大きな話題となりましたが、そのプレイヤーの名はPoiz。

驚くことに、Poizは所持する3つのアカウント(Poiz、bladestorm、shadowGOD399)全てで北米のランキング上位25位へランクインしており、VALORANTの公式サイトより公開されたインタビューでは「ランク戦のスキルは実際のところトーナメントでは通用しないと言う人が大勢います。それが間違っていることを証明したいですね」とコメントを残し、コンペティティブから競技シーン参入を目指す意向を明らかにしました。

そして、その努力が実を結び、アメリカのトップチームの1つCloud9との契約が発表。6人目のメンバーとして、ラインナップへ参加します。

ジェットといえば、ド派手なフラグシーンが印象的ですが、PoizのYouTubeチャンネルより公開されているフラグムービーでは、堅実な立ち回り、堅実なAIM捌きが確認でき、北米リーダーボードランキング1位も納得のプレイとなっています。

新たにPoizが加入したCloud9 Blueのラインナップは以下になります。チームは、新たに6人体制で年間チャンピオンを決定するVALORANT Champions Tour 2021へ参戦予定です。

 Skyler "Relyks" Weaver
 Mitch "mitch" Semago
 Daniel "vice" Kim
 Nathan "leaf" Orf
 Son "xeta" Seon-ho
 Michael "poiz" Possis
 Yoon "Autumn" Eu-ddeum (ヘッドコーチ)

コメント


Sponsored Link