Amazon ゲーミングデバイス祭り

2020年7月21日にVALORANTのパッチノート 1.04が公開されています。今回公開されたパッチノート 1.04では、主に以下の点が変更されています。

・ヴァイパーのアルティメットの強化、衰弱機能の強化。
・ブリムストーン、レイズのアルティメットポイントが6から7へ増加。
・ブリムストーンのスティムビーコンが味方プレイヤーのみに効果を与え、敵プレイヤーには効果範囲が表示されないよう修正。
・サイファーのサイバーケージが購入フェーズに限り回収できるよう調整。
・クラシックの調整、ジャンプ撃ちの精度を低下、走撃ち時の精度を低下。
・エルダーフレイムスキンのアニメーションボリュームを調整。

以下、アップデート記事全文となります。

エージェントのアップデート

ヴァイパー

・ヴァイパーズピット
ーアルティメットのスモーク外に出てからスモークが消えるまでの時間を5秒から12秒に延長
ーアビリティーキーを長押しで、アルティメットを早く終了できるように
ー「ヴァイパーズピット」内の敵はミニマップがぼやけ、ミニマップ上で相手の位置が仲間に伝わらないように
ーヴァイパーの視界がスモークで悪化中、視認範囲ギリギリにいる敵の赤い輝きがより明るく表示されるように
ーヴァイパーはアルティメットのスモークの外に出ていられる時間が短かったことでプレイが制限されるだけでなく、敵に継続的に多くの情報を与えることになっていました。スモークの外にもっと自由に出られるようになったことで、新たな興味深い心理戦を行えるようになり、敵に戦術的なプレッシャーを与えられるようになると考えています。これ以外の改善では、自分がスモーク内にいる優位性が増したほか、ミニマップ上で敵に捕捉されてダメージを受けることが少なくなるはずです。

・衰弱
ーあらゆるソースから敵が受ける「衰弱」の毎秒効果が10から15に増加
ー敵がヴァイパーのスモークを出てから2.5秒間は「衰弱」が持続し、その後徐々に解除されていくように
ー「衰弱」がすぐに解除されていたためにヴァイパーの優位性が制限されており、想定していたほど十分な脅威を与えられていませんでした。「衰弱」が解除されるまでの時間が遅くなったことで、「ヴァイパーズピット」のアップデートとあわせてヴァイパーと味方が優位になれる時間が増加し、アルティメットの新たな活用方法が生まれるでしょう。

・燃料
ー「ポイズンクラウド」と「トキシックスクリーン」を同時に発動しても、どちらか1つ分の燃料しか消費しないように
ー両方の視界阻害アビリティーを同時に発動すると稼働時間が短縮されるために、これらのアビリティーの同時使用が難しくなっていました。ヴァイパーのスモークは彼女のキットの大半を占め、大きな役割を担うものですので、これらを同時に使いやすいようにして、味方チームがサイトを奪う際の強力な選択肢となるようにします。

レイズ

・ショーストッパーの発動に必要なULTポイントが6から7に増加
ーレイズのアルティメットはゲーム内でも特に影響力が大きく、ほぼあらゆる状況で活用できるものです。その結果、これまで少し多く使われ過ぎていました。そこでコストを1ポイント増加して、プレイヤーが「ショーストッパー」に遭遇する頻度を低下させます。

ブリムストーン

・オービタルストライクの発動に必要なULTポイントが6から7に増加
ーレイズのアルティメットと同様に、ブリムストーンのアルティメットも影響力が大きく、様々な場面で活用できるものです。ラウンドに影響を与える頻度が少々高過ぎると感じたので、コストを少し増加させることにしました。

・スティムビーコンが敵にバフを与えなくなり、また敵には効果範囲が表示されないように
ー「スティムビーコン」は状況を選んで活用する必要があるアビリティーとなっていますが、敵にブリムストーンの位置を知られるだけでなく、意図せず敵をバフしてしまうことがあったため、想定よりもずっと弱いものになってしまっていました。

・ブリムストーンの装備の精細度
ー考えてみれば、FPSでは自分の腕を見ている時間が非常に長く、常に眺めていると言ってもいいほどです。私たちは正式リリース前に、ブリムストーンの装備の精細度を向上させてゲームの全体的な品質に一致させるつもりでした。今回ついに、それを行いました──ぜひご覧ください!

サイファー

・購入フェーズ中にサイバーケージを拾えるように

武器のアップデート

クラシック

・バグ修正の主な内容はクラシックの右クリックですが、この機会に武器の挙動の一貫性を少し高めました。ジャンプ右クリックの有用性を少し調整しましたが、至近距離での有用性は失われていないことを願っています。

・走りながら右クリックした際の射撃精度低下が意図したよりも大きくなっていた不具合を修正
ー駆け足時に1.5の射撃精度低下のペナルティが追加されていました。これはピストルにおける全般的な走行エラーカーブを参照していたからです
・ジャンプに射撃精度低下のペナルティが適用されていなかった不具合を修正
・駆け足時の拡散率を3.4から2.1に変更
ー主にバグ修正です
・ジャンプ時の拡散率を1.9から2.3に変更
・歩行時の拡散率を1.9から1.95に変更
・しゃがみ時または静止時に10%の射撃精度ボーナスを追加
ーしゃがめば射撃精度ボーナスが得られるというシステムに一貫性を感じられるようにすることが狙いです

HUDとUI

・ステータスを比較しやすいように、ラウンド開始前のショップにおける武器ステータスのテキストボックスを図表に置き換えました

利便性のアップデート

・ミニマップにおける観戦者の視界コーンがチームごとに色分けされるように

エルダーフレイム スキン

・エルダーフレイム オペレーターの装備アニメーションのボリュームを調整
・オペレーターを何度も装備し直すと、ボリュームが固定されていた不具合を修正
・フレーバー的な効果音が敵の足音より小さくなるように
ー具体的には、敵の足音がゲームプレイにとって重要ではないスキンの効果音(炎のシュッという音やドラゴンの咆哮など)のボリュームを常に低下させるようになります。
・レベル1とレベル2のエルダーフレイム近接武器を調べるアニメーションに効果音を追加

パフォーマンスの改善

・銃を拾うときのターゲット指定とセージのアルティメットのターゲット指定を味方キャラクターのハイライトと統合して、VRAM使用量とGPUの負荷を軽減
・小規模なレンダリングパフォーマンスの修正

不具合修正

・レイナが「ソウルオーブ」を有効化して回復効果を維持するのに、「ソウルオーブ」を見る必要があった不具合を修正。パッチ1.02時の挙動と一致するように
・プレイヤーのカメラがブリムストーンのスモーク上部周辺にあるときに、ワンウェイスモーク(一方的に相手を見ることができるスモーク)になっていた不具合を修正
・ブリーチの「アフターショック」を複数のキャラクターに当てた際、すべてのキャラクターにダメージが適切に適用されていなかった不具合を修正
・ソーヴァのドローンが最大高度に達したときに揺れが発生していた不具合を修正
・歩行時にマーシャルの射撃精度が低下していなかった不具合を修正
・ジェットのダッシュをプレイヤーが使用したときなど、一部の透光性エフェクトが1フレーム遅れていた不具合を修正
・一部のAMD製GPUでMSAAを使用しているとき、および一部のIntel製GPUで味方のハイライトが表示されなかった不具合を修正
・特定の解像度とアスペクト比の組み合わせでプレイした場合、読み込み画面が画面全体を覆っていなかった不具合を修正
・光過敏症警告画面の文章を短縮
・プレビューしていたスキンバリエーションを購入すると、「装備する」ボタンがグレーのままになっていた不具合を修正
・ブリムストーンの経歴の誤字を修正(mooonlimesさんのご報告に感謝です)

2 コメント

  1. サイファーのところ誤字ってますよ

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。修正いたしました。

      削除

コメントを投稿

Sponsored Link

Sponsored Link