VALORANTの今後のアップデートで、チャット制限のペナルティを受けたプレイヤーにコンペティティブへの参加禁止のペナルティの追加を予定していることが海外掲示板Redditより明らかになっています。

今月22日、海外掲示板Redditに建てられた「チャット禁止を受けているユーザーのコンペティティブ参加を禁止しましょう。」のスレッドに、VALORANTでコンペティティブを担当する開発チームの1人Brighteyzが登場。

上記の意見に対し、Brighteyzは「今後の2~3回以降のパッチでは、チャット、ボイスチャットでペナルティ制限を受けるプレイヤーがランクをプレイできないよう仕様を変更する予定です。私たちは積極的に改善に取り組んでおり、予想よりも時間がかかっていますが、それを実装することを約束します。」と述べ、今後のアップデートでチャット制限のペナルティを受けたプレイヤーにコンペティティブへの参加禁止のペナルティの追加を予定していることを明らかにしました。

加えて、「ランクでボイスチャットを使用することを必須にしたくはありませんが(様々な理由でボイスチャットを使用することに抵抗を感じる人もいるかもしれないため)、常習的に試合を破壊するようなチャット制限を受けたプレイヤーが試合にいると、不公平に感じることを理解しており、近い将来にそうならないように実行したいと考えています。今後数ヶ月の間に、暴言などの破壊的言動を減らし、ペナルティシステムをより強固なものにするためのコミュニケーションシステムを実装する予定です。」と締めくくり、今後数ヵ月以内に悪質なユーザーを減らすため、更なるアップデートを実施することを約束しています。

また、同日には「ランクマッチで女性プレイヤーへのTOXIC*な行動」のスレッドが議論の場となり、同スレッド寄せられた300近くのコメントの中に、Riot GamesでVALORANTに携わる女性開発者のAeneiaが回答。

*TOXIC - 暴言、悪質な行動を行うプレイヤーの意。

Aeneiaは「私はその問題に取り組んでおり、改善を約束します。今は詳細は言えませんが、計画通りに行けば、近い将来に最新情報をお届けするでしょう。それまでの間、報告することを忘れないでください。これは最悪な問題ですが、すぐに修正できるものではありません。そのために、皆さんが起こっている問題を私たちに伝え(報告し)、フラグを立てなければ、その問題を修正することはできません。」のコメントを残し、女性プレイヤーへの暴言、悪質な振る舞いなどの問題の対策を予定していることを明らかにしています。

昨年6月に実装されたコンペティティブですが、スマーフ、AFKの問題のほか、テキスト・ボイスチャットでの暴言、悪質なプレイなどの行動が問題視されており、上記で2人の開発者が強く言及しているように、TOXICなプレイヤーを見かけたらすぐに報告しましょう。

関連記事
SteelがVALORANTのランク、K/Dが重要ではない理由を説明
VALORANTでチーターが急増中、開発者は「チーターには報告を」と警鐘

コメント


Sponsored Link