Riot Gamesが手掛けるFPS「VALORANT」の2021年1月の収益が、「Counter-Strike: Global Offensive (CS: GO)」を上回ったことが、SuperDateより明らかになっています。

デジタルゲームを専門とした海外のリサーチ企業SuperDateによると、2021年1月のVALORANTの収益がリリース以降、初めてCS:GOを上回ったことを報告。CS:GO。World of Tanks、Fortniteを抑え、6位にランクインしています。

  • 1位 - Dungeon Fighter Online (アラド戦記)
  • 2位 - League of Lengeds
  • 3位 - Crossfire
  • 4位 - Fantasy Westward Journey Online (夢幻西遊)
  • 5位 - World of Warcraft West
  • 6位 - VALONRAT
  • 7位 - Counter-Strike: Global Offensive
  • 8位 - Roblox
  • 9位 - World of Tanks
  • 10位 - Fortnite

SuperDateによると、2021年1月に登場した新エージェント"ヨル"など、豊富な新コンテンツのリリースにより、昨年12月と比較して収益が39%、月間プレイヤー数は29%増加。注目するポイントとして、月間プレイヤー数の72%が、前月よりプレイするリピーターであることを指摘しており、VALORANTの今後成功するカギの1つに「継続的な新コンテンツのリリース」を挙げています。

今月初めには、15人目のエージェント"アストラ"がリリースされましたが、今後のランキングの変遷に注目が集まります。

関連記事
世界6ヵ国のeスポーツタイトル人気ランキング、CS:GOは4ヵ国でランクイン

6 コメント

  1. 3位のクロスファイアってあのCSクローンの昔あったやつ?もうサ終してなかったっけ?

    返信削除
    返信
    1. 中国では現役

      削除
    2. 中国ではモバイル版も盛り上がってるぞ
      日本では終わったけど
      低スペックPCでも出来るし人口も多いしCSGOパクって中々観戦もしやすい

      削除
  2. csgoはそれ以上にサードパーティーが儲けていそう

    返信削除
  3. クロスファイア上位がホントビックリした。
    中国以外は過疎ってんのかな?

    返信削除
    返信
    1. https://www.youtube.com/watch?v=q7UycpamtBM
      中国と東南アジア、ブラジルが強い
      昔はアメリカとヨーロッパにもチームがあったけど今は知らん

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link