「100 Thieves」VALORANT部門に、Ethanが加入したことがチームの公式Twitterよりアナウンスされています。

現在20歳のアメリカ出身のプレイヤーEthanは、2016年にCS:GOの競技シーンへ参戦。NRG Esports、Evil Geniusesなど、北米のCS:GOシーンを代表するチームで活動し、個人としては2度の大会MVP獲得に加え、2019年にはHLTVが選出するCS:GOの年間プレイヤーランキング19位に選出など、北米のトップライフラーとして活躍しました。

チームとしては、2019年11月、2020年9月にHLTV世界ランキング1位に上昇するなど、北米を代表するチームに在籍する選手の1人でしたが、CS:GOからVALORANTへの移行を決断。100 Thieves VALORANT部門への加入を発表しました。

広告の下に記事は続きます

自身のTwitterで公開した声明では、「手短に話します。私は正式にCS:GOから引退し、VALORANTへ移行します。Counter Strikeを通して、多くの人と出会い、今では彼らとは友人となりました。また、忘れられない思い出もたくさん作ってきました。皆さんに1つだけお願いしたいことは、これまで長い間私をサポートしてくれたのなら、私の次の章もついてきてください。新しい挑戦に興奮していますし、100 Thivesで全力を尽くすことが待ちきれません。」と述べ、Counter Strikeへの感謝と共に、ファンへVALORANTでの挑戦も応援してくれるようコメントを残しています。

CS:GOからVALORANTへ多くのプレイヤーが移行を発表していますが、北米シーンではその殆どが過去にトップレベルで活躍したプレイヤー、もしくはTier2層のプレイヤーたち。昨年9月には、当時北米ランキング2位のチームであったLiquidに所属するNitr0がVALORANTへの電撃移行を発表しましたが、今回のEthanのVALORANT移行発表も同様に、CS:GOシーンを追う人にとってかなりのビッグニュース。VALORANTがリリースされ、約1年が経過する今日ですが、これからも意向を発表するプレイヤーが続々と現れてきそうです。

新たにEthanが加入した100 Thieves VALORANT部門のラインナップは以下になります。

 Spencer "Hiko" Martin
 Josh "steel" Nissan
 Nick "nitr0" Canella
 Peter "Asuna" Mazuryk
 Ethan "Ethan" Arnold
 Jonathan "Silenx" Huntington (スタンドイン)
 Hector "FrosT" Rosario (コーチ)
 Quan "diceyzx" Tran (ベンチ)

5 コメント

  1. まじかよ…NAオワコンすぎるぜ

    返信削除
  2. 眠気が一瞬で飛んだ、このままauti、ethanに続いてまた何人か来るんじゃないか

    返信削除
  3. NAのヴァロチームは給料めちゃくちゃ良いらしいな

    返信削除
  4. ethanどうせ今のままCSにいても結果残せなかった気がする。。

    返信削除
  5. 割とちょっと過大評価されてた感はある
    そしてVALORANTだけじゃなくてCSGOのNAチームの給与はEUチームより高いという
    もちろんtier1チームの話だけど

    NACSシーンより先にチーム運営のほうが先に崩壊しそうではある

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link