5月25日よりアイスランドで開幕する「VALORANT Champions Tour 2021 Stage 2 Masters」への出場を控えるTenZですが、北米とヨーロッパのレベルについて指摘しています。

TenZは自身のTwitterで「ランクではヨーロッパより北米の方がレベルは高いですが、スクリム、チーム全体のレベルに関してはヨーロッパの方が圧倒的に高いです」と投稿。個人スキルで勝負する北米、アビリティと連携を活かした戦いをするヨーロッパと度々コミュニティより度々呼ばれますが、スクリムとチーム全体のレベルに関しては、ヨーロッパの方がレベルが高いと評価しています。

また、海外掲示板のRedditではMasteresへ出場する選手たちのコンペティティブの試合履歴が話題となっており、試合の戦績を確認できるトラッキングサイトTracker.ggを用いて、有志によりまとめられています

特に気になった試合は、Sentinelsのdapr、SicK、zombs、TenZの4人と、Crazy RaccoonのMedusa、neth、Zepher、Rionにコーチのmunを加えた5人がランクで対戦しており、1人欠けた状況の中、Sentinelsが13-10で勝利しています。ランクであるため、エージェント構成、対戦スタイルなど、実践とは異なる形でプレイしたと思われますが、TenZの31キルのスコアに驚かされます。

余談ですが、TenZは自身のInstagramで、左手親指を火傷したストーリーを投稿しており、親指であることからスペースキーでジャンプは問題ない旨をコメントしていますが、パフォーマンスに少なからず影響が出る可能性が高いと見られています。

関連記事
北米とヨーロッパのVALORANTのエージェントピック率の比較、個人スキルに特化した北米とチームプレイに焦点を当てたヨーロッパ

7 コメント

  1. そらEUCSとNACS見たら分かるけどそもそものゲームに対する考え方がちゃうしな

    返信削除
  2. 本番はこの逆になってほしいですね。

    返信削除
  3. NAのプレイヤーはガチで脳筋エイムプレイヤー

    返信削除
  4. 結局GOと一緒でEUが強くなるよヴァロラントも
    韓国とかではやる気配ないし

    返信削除
  5. 悲報 NA EUよりもレベルが低い模様
    CSはEUの方がレベル高いからって言ってNA勢がヴァロに行ってるのにそっちでもEUの方が高いって
    絶望だな

    返信削除
    返信
    1. まあそりゃそうだろ
      今はまだほとんどCS2ndみたいな感じだし
      数年後CSから省かれた奴らが大体消えてからがどうなるかって話だな

      削除
  6. NAてどのゲームでもそれなりに上位には入れてるけど決して一番手にはなれないよな
    CSGOはEUとCISの二強だし、LoLは韓国中国の二強
    基本的にカジュアル勢が多く「広く、浅く」って感じである意味で日本の現状と似てる

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link