Amazon ゲーミングデバイス祭り

北アメリカとヨーロッパのVALROANTの競技シーンにおける、エージェントのピック率を比較した画像が話題になっています。

CS:GO、VALORANTのジャーナリストそして知られるneLは、北アメリカとヨーロッパのエージェントピック率を比較した画像を公開。チームプレイに焦点を当てたヨーロッパのピック率と比較して、北アメリカ地域は、個人スキルに特化したエージェントのピック率が高い結果となっています。

広告の下に記事は続きます

上記に加え、neLは「私の見解としては、北米のVALORANTシーンはTier2/3のCS:GO出身のプレイヤーが多いため、スキル面で優位に立つことが出来ます。しかし、長期的にはヨーロッパのチームプレイを重視したスタイルと戦略を引き継ぐでしょう。」と付け加え、将来的には、北米もチームプレイを重視したスタイルになる可能性が高いと指摘しています。

フェニックスのピック率の差が特に際立ちますが、昨年9月に公開されたANGE1のインタビューでは、「NAではフェニックスが比較的多く使用されますが、フェニックスは全体的にアビリティが比較的貧弱です。これはNAのVALORANTが間違った道に進んでいる縮図のように見えます。」と答えており、ジャーナリストのneLと同様の問題を指摘しています。

今年5月には、VALORANT初の国際大会「VALORANT Champions Tour 2021 Stage 2 Masters」が、アイスランド・レイキャビクで開催を予定していますが、正に異なるプレイスタイルの両地域が衝突する本大会に注目が集まります。

関連記事
「VALORANTのゲーム性に満足しない」と語るプロをeスポーツキャスターが一刀両断「泣き言を言う人々はシーンから消える」
バッキーのヘッドショット射程距離はファントムのヘッドショット射程距離より長いことが判明、海外ユーザーが検証

7 コメント

  1. 結局valorantもEUが強くなるだろうね

    返信削除
  2. GOはEUとNAでプレイ人口に結構な差があったから
    そのせいで実力差もやむなしと思ってたんだけど
    ヴァロで負けるようだとそんな言い訳もできんな・・・

    返信削除
  3. 国民性って主語デカいからあんまり言いたくないけど実際出てくるんだよな
    アメリカはあんまりチームプレイっていうメンタルに向いてないわ
    俺がヒーローになる!って感情が全てにおいて優先されてる
    別にそれが悪いわけじゃないけどチームスポーツとかになるとその弊害があるわ
    アメフトとかアイスホッケーとかアメリカ強いのに謎だけど

    返信削除
    返信
    1. NA周辺諸国はチームスポーツ強くて流行してるし仲間意識も強いからチームゲー向いてそうなもんだけどなー
      「ゲームなんか楽しく遊びてーぜ!」ってメンタルなのかもしれん
      GOプロ達のFPLでの遊び方も配信見てる限りEUとNAじゃ真剣度が全然違うし 

      削除
  4. FPLとかESEAとかレベルが低すぎて練習にならないどころか変な癖がついて悪影響があるってtarikたちはチームで禁止してたしな

    返信削除
  5. CISの若いプロとかずっとFPL回してるけどめっちゃ真面目にやってるよな
    アメリカはプロ兼ストリーマーの魅せプ遊び場と化してた

    返信削除
    返信
    1. ヨーロッパとかCISはFPLで結果出してれば強いチームに入れる道があるからね
      だからみんな真面目にやってる

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link