VALORANTのショットガンの1つ、バッキーの1ショットで倒せるヘッドショット射程距離がファントムのヘッドショット射程距離より長いことが海外ユーザーの検証より明らかになっています。

Redditユーザーrezelliaは、射撃場でバッキー、ファントムの両方のヘッドショット射程距離を検証。ファントムは中距離以降で、ヘッドショットダメージが140へ減少しますが、一方で、バッキーの右クリックは150以上のダメージを与えていることが下記の動画より確認できます。

ファントムは近距離ではヘッドショット1発で倒せるが、中距離になると140へダメージが減少する。

上記の画像と同距離で、しゃがみ時のバッキーは150以上のダメージを与えることが出来る。動画では複数回検証しているが、100%の確率で一撃。

上記の2つの武器を比較して、より多様な使い方をできる武器はファントムですが、クレジット的に不利、中距離程度の角待ちなど、シーンによってはバッキーの方が有利な面もあります。

特に、「角待ちバッキー」と称される使い方は、ポジションによっては非常に効果的で、競技シーン、コミュニティにおいても、弱体化を求める声が多く寄せられています。

関連記事
「バッキーを調整する具体的な案が無い」、VALORANTゲームデザイナーが語る
イオンファントムはリコイルコントロールにおいて若干の有利、ランダムパターンに入るとアニメーションが変化

3 コメント

  1. CSGOも一時期MAG7とか強かったからキル報酬下げられたりMAP構造からなるべく角度のきつい角なくそうとしてたり、そもそも全員が投げ物持てる前提だからヤバそうなポジションは投げ物で潰せたりするけど、valoはキャラによっては自分で見に行かないといけないから辛いよな

    ランクマにもバッキー専みたいなのいて味方にいても敵にいてもだるいわ

    返信削除
  2. アセントのウィンドウでやられた時のウザさは異常

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス