VALORANTに登場予定の新スキン「ミニマ(Minima)」が、ドイツのYouTuber、aSmooglのチャンネルより公開された独占インタビューより明らかになっています。

ミニマリズムを意味する「Less is more」をテーマにした武器スキン「ミニマ(Minima)」は、シェリフ、スペクター、アレス、ファントム、オペレーターの5つの武器スキンを含むスキンコレクション。「少ないほど豊かである」の意味を持つミニマリズムに倣い、シンプルかつ洗練された武器スキンとなっています。

その名通りの仕様も施されており、通常、ファントム、スペクター、アレスにはスコープ部分に隆起した部分を持ちますが、ミニマにはそれが無く、スコープを展開したADS時のみホログラムのスコープが現れる仕様となっています。また、VALORANTには初となるスクエア型のスコープがオペレーターに搭載されています。

ミニマの製作に当たり、Riot Gamesの開発スタッフはインタビューで「どれだけ必要で、どれくらいが必要ではないかを考える必要があったため、確かに難しい作業でした。デザインを過剰にするか、十分なデザインを維持するかのバランスが大変でした。」とコメントを残しています。

デラックスエディションにカテゴライズされるミニマは、バンドル価格4,270VP、スキン単体で1,275VPで販売予定です。





関連記事
VALORANTの新スキン「テザード・レルム」が発表、光の陰影でデザインが変化する「善と悪」をテーマにした武器スキン

2 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス