海外のVALORANTユーザーにより製作された総ページ数100ページ以上に渡るヴァイパーのアビリティ指南書を紹介します。

「ヴァイパーは過小評価されている」と語る海外ユーザーのSkyeLynerは、それらのイメージを払拭すべき、自身で考案した100以上のスネークバイト、ポイズンクラウド、ワンウェイのポジションをコミュニティへ共有。そのページ数は100ページ以上に及び、Googleスライドで非常にわかりやすくまとめられています。

最新マップであるブリーズまで計101通りのポジションをまとめたGoogleスライドはこちらのリンクよりアクセスできます。

1ページ目は全マップへの目次。確認したいマップを選択することでそのページへスキップできる。

スキップすると、ミニマップが表示。アタック側用、ディフェンス側用に分かれており、マークをクリックすることでポジションが確認できる。◎はワンウェイ、♢はスネークバイト、⊗はポイズンクラウド。

難易度、ジャンプ、走りの有無に加え、画像を用いて分かりやすく解説されている。

パッチ2.06のアップデートにより大幅に強化されたヴァイパーですが、昨月末にアイスランドで開催されたVCT 2021 Stage 2 Mastersでもそのピック率は上昇し、現環境のメタエージェントの1人となっています。

指南書の製作者のSkyeLynerは、ヴァイパーはソロコントローラーとして優れたエージェントと指摘しており、今回の指南書を使い初心者から上級者まで幅広いユーザーにヴァイパーの強さを知ってほしいとコメントしています。

関連記事
ヴァイパーの大幅強化を「スパイク設置後のメタになる」とVALORANTプロが語る
ヴァイパー縛りでレディアントに到達したVALORANTプレイヤーがヴァイパーの3つの強さを語る

3 コメント

  1. スタヌ頑張れ!!

    返信削除
  2. スタヌ応援してます

    返信削除
  3. もうスタヌ代名詞エージェントになってるの草

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link