北米を拠点に活動するeスポーツチーム「Sentinels」のVALORANT部門の賞金獲得総額が50万ドル(約5,500万円)を突破し、VALORANT全体の大会賞金総額は10億円を達成したことが明らかになっています。

8月~9月にかけ開催されたVALORANT Champions Tour 2021 Stage 3にて、Challengersで優勝、Mastersで8位入賞を収めたSentinelsですが、Stage 3で獲得賞金総額$531,500(約5,850万円, 1ドル=110.09円)を記録し、VALORANT部門に所属する選手5人の獲得賞金が10万ドルを突破しています。

また、VALORANT全体の大会賞金総額は900万ドル(約9.9億円)を達成し、Liquipediaによると2021年9月23日時点で$9,360,550、日本円に換算すると約10.3億円となります。

Liquipediaより確認できる現在の獲得賞金ランキングトップ15は以下になっており、ZETA DIVISIONは9位にランクインしています。

順位 チーム名 賞金総額
1位 Sentinels $531,500 (約5,850万円)
2位 Gambit Esports $342,777 (約3,770万円)
3位 Team Envy $231,500 (約2,550万円)
4位 G2 Esports $223,756 (約2,470万円)
5位 Vision Strikers $204,149 (約2,460万円)
6位 100 Thieves $202,500 (約2,230万円)
7位 Team Liquid $162,568 (約1,790万円)
8位 Fnatic $143,682 (約1,580万円)
9位 ZETA DIVISION $138,572 (約1,520万円)
10位 NUTURN Gaming $128,793 (約1,420万円)
11位 TSM $121,500 (約1,340万円)
12位 Acend $117,256 (約1,290万円)
13位 Team Heretics $97,745 (約1,070万円)
14位 FunPlus Phoenix $95,565 (約1,050万円)
15位 FaZe Clan $92,500 (約1,010万円)

コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス