Riot Gamesの親会社であり中国深圳に拠点を構える企業テンセントが、中国地域でのVALORANTの正式リリースを発表しています。

今回の発表は、中国で開催中のLeague of Legendsの公式プロリーグLPL 2021 Summerの中国版League of Legends 10周年セレモニーで発表されたもので、それに伴い中国向けのVALORNATの公式サイト公式Weiboアカウント公式bilibiliチャンネルが公開されています。

中国版VALORANTで流通プロデューサーを務めるJin Yiboによると、他地域と同様、中国地域でも全公式サーバーを128tickで運用すると明かしており、Riot Directと呼ばれる通信システムにより、中国国内で離れていても快適にプレイできることを特徴として発表しています。

現時点で正式なリリース日は不明ですが、今年10月に開催予定のVALORNAT Champions Tour 2021のAPAC地域のラストチャンス予選にて、中国地域に2チームの枠が与えられているため、予選大会のプロセスを考慮した場合、近日中にリリースされると予測されます。

また、テンセントとRiot Gamesで協力し、ファンイベント、オフライン大会など、様々な形で中国のeスポーツシーンの発展、コミュニティを形成していくと明かしており、今後の更なる発表に注目が集まります。

8 コメント

  1. 記事中にビリビリの公式動画、音量に注意です。

    返信削除
  2. PCの中を全部覗けるVanguardって中国だと問題になりそうだけど大丈夫なのか
    親会社が中国とはいえ本社をアメリカに置く企業だし

    返信削除
    返信
    1. 中国でオンラインゲームスタートさせるときは当局の審査&中国内にサーバー設置&中国の企業に運営させるって三重の縛りがあるからそこら辺はクリア出来たんじゃないか

      Tencentだしそこらへんは抜かりないはず

      削除
  3. ぶっちゃけ今の中国シーンだったら日本の方が強そう、ラストチャンス予選で負けるなよ~

    返信削除
  4. 未成年者が週3時間しかプレイできないのに競技シーンが育つ訳がない
    今いる選手が海外チームになぎ倒されて後続が育たず終了だろう。かわいそー

    返信削除
    返信
    1. いうて割と規制厳しかった韓国もごらんの有様なのであんまり規制は意味ないかもしれない。金あるチームはどうにでもできるという意味で。

      削除
  5. 日本人ともマッチングする?
    チーター増える?

    返信削除
  6. ちゃんとサーバー別にしてくださいね

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス