モンゴルのCS:GOシーンを代表する選手の1人であるerkaStが、CS:GOからVALORANTへの移行を自身のFacebookで発表しています。

来年で27歳を迎えるモンゴル出身のerkaStは、モンゴルのCS:GOシーンで最も有名な選手の1人。6年以上に及ぶ競技シーンの経験を持ち、CS:GO最高峰の大会「メジャー大会」へ出場した唯一のモンゴル人選手です。

アジア、オーストラリアを始め、世界を舞台に活躍した経験を持つerkaStですが、昨日11月29日、自身のFacebookでCS:GOからVALORANTへの移行を発表。声明ではアジアのCS:GOシーンの衰退、対戦相手の少なさを語っており、長考の末、アメリカ、アジアで高い人気を持つVALORANTへの移行を決断したと明かしています。

また、VALORANTへの移行を発表した一方、「私は永遠にCS:GOが大好きです。そのため、今回はほんの数ヵ月の実験だと思ってください。」と語っています。

「まだ完全に移行したわけではありません。」と述べ、状況次第ではCS:GOへの復帰の可能性もあると指摘していますが、「だからとは言え、日々懸命にVALORANTの腕を磨き、チームに参加できるチャンスを伺っていきます。賛否両論はあると思いますが、私の人生の大きな一歩です。皆さん、応援していただけると嬉しいです。」とコメントしています。

現在、erkaStはアメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスにあるCloud9のトレーニングセンターに滞在しており、モンゴルから北米へ拠点を移し活動予定です。

erkaStがCS:GOのプロとして活動を始めたきっかけは、学生時代に留学で訪れたオーストラリア。本来、勉学のために訪れたオーストラリアでしたが、現地で急速にCS:GOの腕を上げていき、オーストラリアの歴史あるeスポーツチームTeam Immunityと正式にプロ契約を結びます。

その後も腕を更に磨き、当時オーストラリア1位、2位を競っていたGrayhoundへ加入。Grayhoundでは出場したほぼ全てのオーストラリア国内大会で優勝し、十数回以上の国際大会を経験しました。

そして2019年、アジア大会を勝ち抜き遂に念願のメジャー大会出場を達成。「IEM Katowice 2019」、「StarLadder Berlin Major 2019」と2つのメジャー大会へ出場し、モンゴル人選手初、そして唯一となるメジャー大会出場選手となりました。

2019年末にはビザ問題のため、モンゴルへの帰国が余儀なくされますが、erkaStは「モンゴルシーン活性化」の新プロジェクトを始動させます。モンゴルの若手からベテランを集い新チームを結成し、約1年間モンゴルNo.1チームとしての地位を獲得しますが、それでも世界には届かず。

erkaStは2020年末にプロジェクトを終了し、次はモンゴル国内ではなくアジアトップクラスの選手を集めたチーム「NG Esports (現Team NKT)」を結成。同チームは現在もアジアトップチームとして活躍していますが、erkaStは昨月よりチームに参加しておらず、昨日にVALORANT移行が発表されました。

erkaStは、CS:GOより常にトップフラグの選手でしたが、間違いなくVALORANTでも活躍できるでしょう。上手くいけば、同じくアジアを離れ北米で活躍するxetaに次ぐ選手になるかもしれません。

3 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. CSGOの競技シーンは分からないけどVALORANTの選手が増えてくるのは嬉しい。色んなプレイが見れるようになると良いな

    返信削除
  2. Grayhound好きだったわ
    どっちに転んでも応援してるぜ

    返信削除
  3. HLTVのレーティングめっちゃ高かったし絶対強いわ

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



人気ゲーミングデバイス