北米を拠点に活動するeスポーツチーム「Luminosity Gaming」のVALORANT部門よりaprotoがベンチへ移動したことが、自身のTwitterより発表されています。

2020年8月、Luminosity GamingのVALORANT部門創設メンバーとして加入し、サイファー使いとしてチームを支えてきたaprotoですが、約1年5ヵ月の活動を経てベンチ入りを発表。自身のTwitterでは、2022年の新シーズンへ向け新たな所属先を模索することを明らかにしています。

多くの人が既に知っているように、私はベンチへ移動し、2022年の新シーズンへ向け新しいチームを模索しています。Luminosity Gamingでの成功を非常に誇りに思っていますし、チームの今後の成功を願っています。2021年は、選手としても配信者としても成長した年だと思っており、これからの活動も楽しみにしています。

2020年5月、CS:GOからVALORANTへの移行を発表したaprotoは、アマチュアチームのMixupとして知名度を上げ、同年8月にチーム単体でLuminosity Gamingへ加入。Luminosity GamingではVALORANT Champions Tour 2021 Challengersで上位入賞を果たすなど、北米のトップチームの1つとして活躍しますが、全ステージで優勝には届かず、国際大会出場は叶いませんでした。

今回、aprotoのベンチ入りが発表されたLuminocity Gamingのラインナップは以下になります。

  •  Kaleb "moose" Jayne
  •  Will "dazzLe" Loafman
  •  Tanner "TiGG" Spanu

3 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. aproto1番すきな選手だからこれからも頑張ってほしい

    返信削除
  2. あのフィジカルモンスターか

    返信削除
  3. lets go headshot machine

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



人気ゲーミングデバイス