北米を拠点に活動するeスポーツチーム「M80」は1月11日、VALORANT部門のヘッドコーチにHappyが就任したことを発表しました。CS:GOのレジェンドが選手からコーチに転向します。

今年で32歳を迎えるフランス出身のHappyは、2007年にCS:Sの競技シーンに参入。2012年にCS:GO移行後はLDLC、Envy、Vitalityなどフランスを代表するチームで活躍し、CS:GO最高峰の大会"メジャー大会"で2度の優勝を達成。キャリアを通して48万ドル(約6,300万円、2023年1月)を超える賞金を手にするなど世界トップシーンで活躍しました。

しかし2019年以降は成績不振が続き、2020年5月にVALORANT転向を発表。翌年1月にはGiants Gamingに加入しますが、VCT 2021 Europe Stage 1でオープン予選敗退となり僅か2ヵ月で契約が終了。その後EXCELに移籍しますが、出場した大会は2大会のみで結果を残すことができず同年11月に契約を終了しました。

またEXCEL脱退後はTeam BDSに移籍し、VALORANT Open Tour France Finalsで4位入賞を収めますが、翌年1月のVCT 2022 Europe Stage 1でオープン予選敗退。プレイオフ進出に届かず、3ヵ月の期間で契約を終了しました。

VALORANT移行後は大手チームを渡り歩いたものの、結果を残すことができなったHappyですが、今日、約1年の競技シーン休止期間を経て、選手からコーチ転向を電撃発表。昨年12月にXSETの元オーナーMarco Mereu氏が立ち上げた新設チームM80のヘッドコーチに就任し、アセンショントーナメントからインターナショナルリーグ参入を目指します。

今回の発表について、M80のCEOを務めるMarco Mereu氏は「FPSのトップシーンでプレイした彼は、プレッシャーのかかる場面でのパフォーマンスの引き出し方、周囲の人と協力してベストを尽くす方法など独自の手法を持っています。これらは才能溢れる選手たちと共に戦うヘッドコーチに求められる重要な素質です」と述べ、FPS界のベテランを迎え入れることでチームのパフォーマンスを最大限に引き出すことを目指すと語りました。

新たにHappyが就任したM80のロスターは以下になります。チームは来月1日に開幕するVALORANT Challengers NA 2023 Split 1に出場予定で、アセンショントーナメントから2024年度のインターナショナルリーグ昇格を目指します。

  •  Mohamed "johnqt" Amine Ouarid
  •  Gianfranco "koalanoob" Potestio
  •  Marc-Andre "NiSMO" Tayar
  •  Daniel "eeiu" Vucenovic
  •  Alexander "Zander" Dituri
  •  Vincent "Happy" Schopenhauer(ヘッドコーチ)
  •  GUNTER(コーチ)

4 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. 一時期ガチでフランス人最強だった
    https://youtu.be/3tJgGIHMYK0

    返信削除
  2. https://youtu.be/dg6TQy6pGfs

    返信削除
  3. https://www.youtube.com/watch?v=dg6TQy6pGfs

    返信削除
  4. Apexでコーチしてなかったっけ

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。