Amazon ゲーミングデバイス祭り

全てのチーター、チート開発者の撲滅を目指す団体「Anti-Cheat Police Department」のリーダーがRiot Gamesに入社したことがアメリカの大手メディアVICEより報じられています。

今月15日、Riot GamesはVALORANT、Overwatchのチート撲滅を目指す団体Anti-Cheat Police Departmentのリーダーを務めるGamerDoc(@ItsGamerDoc)をVALORANTのアンチチート部門のメンバーの1人として雇用を発表、アンチチート部門と共にシステムVanguardの開発に取り組みます。

Anti-Cheat Police Departmentが保有する2,000人以上が参加するDiscordサーバー「The Valorant Police Department」は、これまで様々なチート関連の情報を発信、6月にはG2に所属するardiisのチート疑惑*、有料チートツールを使用した3,700人以上のチーターをBANなどチートに関連する様々な情報を迅速に発信しています。

*ardiisのチート疑惑はValve、Riot Gamesの協力により解消済み

GamerDocはVICEのインタビューで過去数ヵ月に渡り経済的に厳しい状況が続いており、新しい仕事に就け満足する旨のコメントを述べています。

団体メンバーはリーダーのRiot Games入社後もAnti-Cheat Police Departmentの活動を続ける意向を明らかにしており、今後もチート撲滅に向け迅速な情報発信を目指します。

1 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link