全てのチーター、チート開発者の撲滅を目指す団体「Anti-Cheat Police Department」のリーダーであるGamerDocが、Riot Gamesに入社したことがVICEより報じられています。

Riot Gamesは今月15日、VALORANT、Overwatchのチート撲滅を目指す団体Anti-Cheat Police Departmentのリーダーを務めるGamerDoc(@ItsGamerDoc)をVALORANTのアンチチート部門のメンバーの1人として雇用を発表。アンチチート部門と共にVanguardの開発に取り組みます。

Anti-Cheat Police Departmentが保有するDiscordサーバー「The Valorant Police Department」は2,000人以上が参加し、これまで様々なチート関連の情報を発信しています。

今年6月にはG2 Esportsに所属するardiisのチート疑惑*、有料チートツールを使用した3,700人以上のチーターをBANなどチートに関連する様々な情報を迅速に発信し、コミュニティより高い信頼を得ています。

GamerDocはVICEのインタビューで過去数ヵ月に渡り経済的に厳しい状況が続いていることを明かしており、新しい仕事に就け満足する旨のコメントを述べています。

団体メンバーはリーダーのRiot Games入社後もAnti-Cheat Police Departmentの活動を続ける意向を明らかにしており、今後もチート撲滅に向け迅速な情報発信を目指します。

1 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス