「Sengoku Gaming」VALORANT部門よりZerostが脱退したことが、チームの公式Twitterよりアナウンスされています。

Special Force 2、League of Legendsなど、様々なタイトルでキャリアを持つZerostは、昨年5月にSengoku Gaming VALORANT部門創設時のメンバーとして加入、RAGE VALORANT Invitaional、GGC 2020、FIRST STRIKEといった国内トップレベルの大会へ多く出場。昨年10月にはVALORANT Mildom Masters(通称:VMM)で準優勝を収めています。

今月4日には、自身のTwitterでフリーエージェント宣言を発表していましたが、約8ヵ月の在籍を経て、Sengoku Gamingより脱退を発表。また、今後も競技シーンでの活動続行をアナウンスしています。

Sengoku Gamingのコメント

「2018年にはLoL部門に加入し、2020年にストリーマーとして再加入。その後、2020年5月よりVALORANT部門と、3部門にわたって尽力してくださいました。Zerost選手の今後のご活躍をチーム一同お祈りいたします。」

Zerostが脱退したSengoku Gamingのラインナップは以下になります。

 Shoki "Pepper" Banjo
 Derialy
 hyouka
 Shin "Shuzz" Ji-seok
 Yutaka "Novady" Sakuma (コーチ)

コメント


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス