今月13日にリリースされたパッチ2.0のアップデートよりランクシステムが一新されましたが、ランクシステムの改定に伴い、レディアントの人数制限、リーダーボードの追加など、様々な変更が実施されました。

VALORANTの公式サイトより確認できるリーダーボードでは、上位500人のレディアントユーザー、レディアント・イモータルユーザーのランキングが確認できるようになっており、階級システムだった以前のランクより一新し、階級に順位を設けるランキングシステムを導入しました。

VALORANTの大会、移籍情報を取り扱うコミュニティサイトLiquipediaは、今月23日時点のヨーロッパ、アメリカ、アジア太平洋地域、ブラジル、ラテンアメリカ、韓国のそれぞれのレディアント・イモータルの人口を集計。プレイヤー人口は以下の様になっています。

  • EU - 6,022人
  • NA - 3,399人
  • AP - 3,129人
  • BR - 1,494人
  • LATAM - 887人
  • KR - 675人

23日の集計より2日が経過した現在のアジア太平洋地域の上位9位は以下のようになっており、1位に中国のチームKaiXin Esportsに所属するMidnighT、日本よりFAV gamingよりFisker、NesterよりMeiyの2人がランクインしています。

また、レディアント・イモータルの人口は、2日で約1,000人増加しており、現在は3,905人のユーザーがイモータル以上に位置しています。

イモータル帯の階級制度を廃止し、レディアントユーザーのモチベーション増加、ランク昇降の明確な可視化を目標に、ランキングシステムを導入しました(関連記事)が、コミュニティでは「ダイヤ帯なのにレディアントユーザーとマッチした」、「近いランク帯とマッチしない」などの問題が上がっており、時間の経過と共に各ランク帯の人口上下が緩やかになると推測されますが、今後の状況に注目が集まります。

関連記事
VALORANTのランク分布が3ヵ月で大幅に変化、中ランク帯中心から下位ランク中心へ
VALORANT開発チームがイモータルの階級制度を無くした理由、レディアントを上位500人に制限した理由を明かす

2 コメント

  1. 今回のレディアントtop500キープしたら何か報酬でもあるのだろうか

    返信削除
  2. これだいたいの人口割り出せるね

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス