「Liquid」VALORANT部門が、フィンランド出身のプレイヤーJamppiを検討していることがDaily Esportsより報じられています。

昨年8月にVALORANT部門の設立を発表したLiquidは、部門結成後初となるラインナップの変更を検討。Daily Esportsによると、今年1月にCS:GOからVALORANTへの転向を発表したJamppiをターゲットに交渉を進めていることを明らかにしています。

Liquid VALORANT部門は、ベータ期間にヨーロッパで猛威を振るったfish123のメンバーにScraeMを加えたメンバー構成となっていますが、Red Bull Home Groundでの準優勝を除き、結果は低迷。現在開催中のVALORANT Champions Tour 2021 ヨーロッパ予選 Week2では、9-16位といった結果となっています。

Liquidはec1sに代わって、Jamppiをラインナップに追加することを予定。CS:GOでフィンランド期待の新生と呼ばれたJamppiですが、現時点でメインエージェントは不明で、CS:GO時代のプレイスタイルから予測すると、デュエリストのエージェントでしょうか。

Jamppiが加入した場合、Liquidのラインナップは以下になります。

 Dom "soulcas" Sulcas
 James "Kryptix" Affleck
 Travis "L1NK" Mendoza
 Adil "ScreaM" Benrlitom
 Elias "Jamppi" Olkkonen
 Connor "Sliggy" Blomfield (コーチ)

2 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. 一瞬CSGOかと思って気でも狂ったんかと思ったぞ

    返信削除
  2. やんぴ君過大評価感あるし入ったところで結局ダメそう

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



プロデバイス使用率ランキング