アメリカに拠点を置くeスポーツチーム「Version1」がVALORANTの競技シーンへ参戦することが発表されています。

Call of Duty Leagueに参加するMinnesota RØKKRの親会社で知られるVersion1は、VALORANT部門の設立を発表。vanity、Zellsis、PLAYER1、effy、penny、コーチにImmiを迎え入れ、VALORANTシーンへ参戦します。

Version1が獲得した6人の選手、コーチはいずれも北米のCS:GOシーンで活躍した選手。Zellsis(ex-Cloud9)、vanity(ex-Chaos, ex-eUnited)、penny(ex-Triumph)、Immi(ex-NRG)はVALORANTプロシーン初参戦となりますが、PLAYER1、effyはGen.G VALORANT部門で約半年程、活動した経験を持ちます。

上記の6人のメンバーは、アマチュアチームNeverDoneとして約1ヶ月間活動しており、即席チームながらPittsburgh Knights Januaryでは優勝を収めています。

新たにVALORANT部門を設立したVersion1のラインナップは以下になります。チームは、今月11日よりスタートするVCT 2021 NA Challngers オープン予選 #2へ出場予定です。

 Jordan "Zellsis" Montemurro
 Anthony "vanity" Malaspina
 Loic "effys" Sauvageau
 Keven "PLAYER1" Champagne
 Erik "penny" Penny
 Ian "IanImmi" Harding (コーチ)

コメント


Sponsored Link