先日、全地域のスケジュールが終了した「VALORANT Champions Tour 2021 Masters」、各地域の優最終順位を紹介します。(ヨーロッパ、北米、韓国、ブラジル、トルコ、CIS、東南アジア)

北アメリカ

北米のVALORANT Champions Tour 2021 Mastersは、賞金総額15万ドルで開催。大会出場停止処分となったSinatraaに代わって、急遽Sentinelsへスタンドインといった形で出場することになったTenZですが、無敗で優勝。決勝のFaZe戦では、3-0でストレートで下しています。

  • 1位 - Sentinels
  • 2位 - FaZe Clan
  • 3位 - Gen.G
  • 4位 - Envy
  • 5-6位 - 100 Thieves
  • 5-6位 - Luminosity Gaming
  • 7-8位 - XSET
  • 7-8位 - Immortals

ヨーロッパ

ヨーロッパのVALORANT Champions Tour 2021 Mastersは、賞金総額15万ドルで開催。ヨーロッパ大会で連覇を続けていたG2がChallengersで敗退する結果となり、NiP、FunPlus Phoenix、Heretics、Guild Esportsといった強豪チームが出場。

FIRST STRIKE EUROPEで優勝を収めたHereticsが優勝を勝ち取るように思えましたが、cNed率いるAcendが下剋上し、優勝を収めています。

  • 1位 - Acend
  • 2位 - Heretics
  • 3位 - Guild Esports
  • 4位 - FunPlus Phoenix
  • 5-6位 - NiP
  • 5-6位 - DfuseTeam
  • 7-8位 - Ballista Esports
  • 7-8位 - Alliance

韓国

韓国のVALORANT Champions Tour 2021 Mastersは、賞金総額10万ドルで開催。韓国No.1チーム Vision Strikersが、グループ予選より無敗で優勝。優勝賞金4万ドルを手にしています。

また、Vision Strikersが決勝で戦ったチームNUTURNは、韓国のCounter Strikersレジェンドプレイヤーsolo、periが在籍するチーム。両者は33歳、30歳とFPSシーンで早や高めの年齢ですが、現役と比較しても衰えない実力を見せていました。余談ですが、NUTURNに在籍するLakiaは、FENNELに所属するJinxと共にタイのCS:GOチームでプレイしていた選手です。

  • 1位 - Vision Strikers
  • 2位 - NUTURN
  • 3位 - DAMWON Gaming
  • 4位 - Team MUYAHO
  • 5-6位 - APE Prince
  • 5-6位 - TNL Esports
  • 7-8位 - APEX PEOPLE
  • 7-8位 - F4Q

トルコ

北米と並び、国内で高いVALORANTの人気を誇る地域の1つトルコは、賞金総額7.5万ドルで開催。決勝は、FIRST STRIKE TOURKEYの決勝でも対戦したFutbolist、BBL Esportsが対戦。FIRST STRIKEでは、BBLが優勝といった結果となりましたが、今大会ではFutbolistがリベンジを果たし優勝を勝ち取っています。

  • 1位 - Futbolist
  • 2位 - BBL Esports
  • 3位 - Oxygen Esports
  • 4位 - Rare Esports
  • 5-6位 - İstanbul Wildcats
  • 5-6位 - Cyber Skull Esports
  • 7-8位 - Zero Zone
  • 7-8位 - OtherSide Esports

ブラジル

ブラジルのVALORANT Champions Tour 2021 Mastersは、賞金総額25万レアル(約500万円)で開催。ブラジルで多くの大会優勝をかっさらてきGamelandersを下し、Team Vikingsが優勝。

  • 1位 - Team Vikings
  • 2位 - Gamelanders
  • 3位 - FURIA
  • 4位 - paiN
  • 5-6位 - SLICK
  • 5-6位 - Imperial
  • 7-8位 - Vorax
  • 7-8位 - Sharks

東南アジア

今年1月に開催されたアジア大会SEA Fire Championship 2020で優勝を収めたX10 Esportsが優勝。TMG出場辞退により出場したSMGが準優勝。CS:GOで強かったDipenser、DubsteP、BORKUMが在籍するBren Esportsを応援していたのですが、5-8位でした。

  • 1位 - X10 Esports
  • 2位 - SMG
  • 3位 - KPC
  • 4位 - BOOM Esports
  • 5-6位 - Team nxl
  • 5-6位 - ArkAngel
  • 7-8位 - Bren Esports
  • 7-8位 - NG.Black

CIS

CISシーンは、Gambit、forZe、Singularity、One Breath Gamingといったチームが上位を占めている印象を持ちますが、今大会ではGambit Esportsが優勝。優勝賞金3万ドルを手にしています。

  • 1位 - Gambit Esports
  • 2位 - forZe
  • 3位 - GMT Esports
  • 4位 - CrowCrowd
  • 5-6位 - Singularity
  • 5-6位 - One Breath Gaming
  • 7-8位 - tyeasy
  • 7-8位 - Divinity

コメント


Sponsored Link