東南アジアの「VALORONT Champions Tour 2021」に出場予定の選手が、VALORANTのアンチチートシステムVanguardによりBANを受けたことが明らかになっています。

マレーシア/シンガポール予選を勝ち抜き、VALORONT Champions Tour 2021 Southeast Asia Stage 1 Mastersへの出場を決めたTiming Monster Gamingですが、同チームに所属するJuicyのアカウントがチート使用によりBANを受けたことが発覚。

広告の下に記事は続きます

Juicy本人の言い分では「サードパーティー製のソフトウェアの使用により、アカウントがBANされた」と述べ、チートは使用していないと主張していますが、今回のBANを受け、大会を運営するESLは、大会規約によりTiming Monster Gamingの出場停止処分を発表。同大会へは、予選で2位を収めたTeam SMGが代わって出場します。

Challengers予選でチート使用によりBANはあってもおかしくない事例ですが、今回は賞金総額5万ドルのMastersへ出場を決めたチームに在籍する選手のVanguardによるBAN。何よりも気になるのは、本人が主張する「サードパーティー製のソフトウェア使用によるBAN」、これが事実な場合、かなり影響を与えるように思えますが、Riot Gamesによる今後の発表に注目が集まります。

関連記事
VALORANTのリーダーボード1位のプロ選手がチート疑惑でアカウントBAN、所属チームより解雇が発表
インドのVALORANTプロがコンペティティブでチート使用が発覚「レディアントに到達したかった」

4 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. 中華と東南アジアほんまチーターばっかやな

    返信削除
  2. この間日本でもRTで回ってきた予選1回戦でBANされたの見て草生えたわ

    返信削除
  3. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  4. サンキューヴァンガード

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス