Amazon ゲーミングデバイス祭り

トルコのVALORANTリーダーボードランキング1位にランクインしたBeşiktaş Esports所属のトルコ人プロ選手Nisayがチート使用でアカウントBANを受けたことが明らかになっています。

レーティング771、75勝の記録を保有するトルコ人プレイヤーNisayは、トルコのリーダーボードランキングで1位を獲得。しかし、その数時間後、チートツール自警団として知られるAnti-Cheat Police Departmentは「現在、Nisayとして知られるトルコ人プロプレイヤーはリーダーボードから姿を消しています。アカウントBANを受けたことは明らかなようです。」とツイートし、チート使用によりアカウントのBANを受けたことを明らかにしました。

アカウントBANを受け、VALORANT Champions Tour 2021 Turkeyの公式Twitterアカウントは、「Riot Gamesのアンチチートチームによる調査の結果、Nisayはコンペティティブで不正行為を行っていると判断され、全てのRiot Games公式大会に適用される12ヵ月間の出場停止を付与します。」と投稿。Nisayへ、Riot Gamesが主催する公式大会VALORANT Champions Tourへ、1年間の大会出場停止処分を与えたことを発表しています。

Nisayはトルコの大手サッカーチームベシクタシュFCを母体に持つBeşiktaş EsportsのVALORANT部門のメンバーでしたが、アカウントBAN、公式大会への出場停止処分を受け、Nisayの解雇を発表。VALORANT公式発表後、僅か10分後となる発表となりました。

広告の下に記事は続きます

現時点で、Nisayは「レディアントになるためだけにチートを使うほど愚かではありません。」とチート使用を否定していますが、トルコのコミュニティでは「Nisayはチーターの可能性が高い」と一部で知られており、G2 Esportsに所属するzeekはNisayのYouTubeチャンネルより公開されるフラグムービーを見て、「明らかにおかしいクロスヘアの動き」と述べ、チート使用の可能性が高いと指摘しています。

今年1月より、北米リーダーボード7位のプレイヤーのアカウントがBAN(関連記事)、インドのプロ選手がコンぺティティブでチート使用によりBAN(関連記事)、とプロ、セミプロのコミュニティでチート使用によるアカウントBANが相次いでいますが、本人がチート使用を否定するNisayのRiot Gamesによる今後の対応に注目が集まります。

関連記事
インドのVALORANTチームでチート使用、アカウント共有が発覚、インドの大会運営組織は選手、チームに厳正な処分
元CS1.6プロゲーマーが配信でチートを使用、眼鏡に反射したスクリーンより不正が発覚

5 コメント

  1. 残念なことにVALORANTもチートに汚染されてきたか

    返信削除
    返信
    1. まるで最近汚染されだしたかのような言い方

      削除
  2. VALORANTに限らずオンラインゲームからチートを根絶することは無理だから
    どうぶつタワーバトルですら不正利用するやついる世界や

    返信削除
  3. aim-dllもチートだろはやくBANしろ
    CSGOの頃からチートで有名

    返信削除
  4. 12ヵ月間の出場停止で済むのか・・・

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link