トルコのサッカークラブ「ベシクタシュJK」が保有するeスポーツチーム「Beşiktaş Esports」がVALORANT部門の設立を発表しています。

トルコを代表するサッカークラブベシクタシュJKは2015年よりeスポーツシーンに参戦、現在はLeague of Legends、PUBG、FIFAなどの部門を保有しており、過去には女性CS:GOチームを保有していた経歴を持ちます。

そして、先月30日、Riot GamesのFPSタイトルVALORANTへの参入を発表、トルコ国内で活躍する5人のプレイヤーと契約を結んでいます。

VALROANTと聞くとアジア、アメリカの地域で盛り上がりを見せる印象を持ちますが、トルコでも非常に高い盛り上がりを見せており、IGNITIONシリーズのトルコ語配信では同時視聴者数5万人と日本の最大同時視聴者数を抜く記録を保持しています。

Beşiktaş Esportsのラインナップは以下になります。同チームは明日よりスタートする賞金総額40万トルコリラ(約540万円)の大会FIRST STRIKE TURKEYへ出場予定です。

 Yasin "NisaY" Gök
 Tuğkan "tugkanZ" Özgün
 Burak "foiz" Baz
 Berk "ARGENT" Deniz
 Mehmet "tmhMM" Yıldırım

関連記事
デビッド・ベッカムが所有するeスポーツチーム「Guild Esports」がVALORANT部門を設立、スウェーデンの強豪「Bonk」と契約
レアル・マドリード所属カゼミーロがeスポーツチーム「CaseEsports」を設立、1部門目としてCS:GO部門の設立を発表

コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

プロデバイス使用率ランキング