CS:GOでアナリスト、デスクホストとして活動したSirScootsが、今後高騰すると予測されるVALORANTプロについての危惧を語っています。

昨年6月にリリースされたVALORANTは、リリース初期より世界中の大手チームがVALORANT部門を設立、Riot Games主催の公式大会も展開され、2020年第2四半期にはeスポーツタイトル Tierランキングで3位へランクインしています。

北米のいくつかのトップチームは、1.5万ドル~3万ドル(約150万円~300万円)を月に受け取っていると報じられていますが、SirScootsは未熟なタイトルで高騰する給与は競技シーンに大きな影響を与えると指摘。

SirScootsは、自身のTwitterで「チームオーナーは、VALORANTのエコシステムが安定した費用対効果が得られる前に、給与と移籍金を非常に高く設定しています。これでは、多くのチームオーナーがシーンから逃げてしまい、残されたチームオーナーは数年後に『選手の給与が高すぎる』と不満を持ち、その理由を考えることになるでしょう。」と投稿。VALORANTに高額な先行投資をしている大手チームが増えるについて、新たに参入する小規模チームが減少し、競技シーンが停滞する可能性が高いと指摘しています。

広告の下に記事は続きます

また、eスポーツジャーナリストとして活動するSlasherが、GGReconのインタビューで同様の問題を質問された際、「多くのチームは赤字で、コスト削減を余儀なくされていますが、大きな契約を結んだ選手たちに涙することはありません。私は全ての選手を応援しています。Skadoodle、BraxらがT1から4万ドルの給与を得るならば、彼らにとっては良いことですが、出来る限りの契約に留めてもらいたいです。私はそれが持続可能とは思いませんし、今後も一生続くとは思いません。」と答えていました。

先日、Cloud9はTenZに100万ドル(約1億円)の移籍金を設定していると報じられていますが、今後スターとなる選手が増えるにつれ、ヨーロッパ、北米シーンでは更に移籍金・給与が増加し続けるでしょうか。

関連記事
「VALORANTのゲーム性に満足しない」と語るプロをeスポーツキャスターが一刀両断「泣き言を言う人々はシーンから消える」
CS:GOコーチ「VALORANTへ移行したプレイヤーは2万ドル~3万ドル(210万円~310万円)の給与を受け取っています」

1 コメント

  1. csgoよりも酷いことになりそうで全く笑えない
    こんな競技シーン始めたてで移籍金1億とかどうなってるんだよ

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link