Amazon ゲーミングデバイス祭り

北米のVALORANTチームの1つ、TSMが「VALORANT Champions Tour 2021 Challengers」敗退後に、公式Twitterで投稿したツイートがコミュニティで物議を醸しています。

VALORANTリリース以降より、北米のトップチームの1つとして活動するTSMは、Masters出場をかけたStage 1最後の大会「VALORANT Champions Tour 2021 Challengers 3」で、Luminosity Gaming、100 Thievesに敗退。Masters出場を逃す結果となりました。

大会敗退後、TSMは公式Twitterで1枚の画像を投稿。その画像は、親が子へ「試合で勝ちましたか?」と尋ねながら部屋へ入ると、息子が試合で負けたショックから首つり自殺をしているという画像。

引用元:Reddit

上記のツイートは、僅か5分で削除されましたが、210万人のフォロワー数を誇るTSMのツイートには、1000以上のいいねが寄せられ、コミュニティで物議を醸す結果となりました。

ツイート削除後、TSMでSNSの管理・運用を担当するDuncは、「悲しいミームに誤った画像を使用してしまったことをお詫びいたします。指摘されるまで、完全に誤解していました。素人によるミスですが、二度とこのようなことは起こしません。」と謝罪ツイートを投稿。その数時間後には、TSM公式Twitterも、同様の謝罪のツイートを行っています。

7 コメント

  1. なんか負け惜しみでも喚いてるのかと思ったらくそどうでもよかった

    返信削除
  2. これでも凍結するからな

    返信削除
  3. CSコミュだと笑っておわりそうだけどvaloはriotが許さないだろうね

    返信削除
    返信
    1. 首吊は選手へのディスリスペクトとも捉えられるからCSでも無理でしょ

      削除
    2. JWとか喜んでこういうツイートしてそう

      削除
  4. 自殺ネタを公式がやるのは危ないとちょっと考えたら分かりそうなもんだけどな

    返信削除
  5. tylooseでチャイナがブチギレてたの思い出す

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link