Amazon ゲーミングデバイス祭り

100 Thieves所属のsteelの配信で披露された、キルジョイのアルティメット"ロックダウン"とアストラのアビリティ"グラビティウェル"を組み合わせたテクニックを紹介します。

steelは配信内で、キルジョイのロックダウンとマップのギリギリの隙間に、敵を引き込むアストラのアビリティ"グラビティウェル"を展開する事により、ほぼ確実に敵を拘束するテクニックを紹介。過去に、北米のチームXSETがキルジョイのロックダウンとブリーチのアフターショックを組み合わせたリテイクを披露(関連記事)していましたが、アストラのグラビティウェルはマップ上のどこにでも簡単に設置できるため、難易度は優しめとなっています。

キルジョイのロックダウンはミニマップに範囲円が表示されるため、マップとの隙間も分かりやすい。

ロックダウンの範囲円とマップのギリギリの隙間にアストラのスターを設置。2個以上設置すると敵の拘束率も上がる。

グラビティウェルにより引き出された敵は、グラビティウェルの弱体化に加え、ロックダウンにより拘束状態となる。

関連記事
アストラのグラビティウェルを使いバインドのテレポーターに隠れる敵を誘き出す小技
アストラのアストラルフォーム状態でスモークの中に隠れる小技

2 コメント

  1. これアストラ実装初日にやられてがんぐらいしたわ

    返信削除
  2. 野良ではすんごい刺さりそう

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link