ロンドンに拠点を置くeスポーツチーム「Fnatic」が、日本の総合商社丸紅より1,700万ドル(約18.5億円)の資金調達に成功したことが、丸紅の公式ホームページより発表されています。

丸紅より発表されたリリースによると、丸紅はFnaticを傘下に持つSannpa Limitedと資本提携を行い、日本における戦略パートナーシップ契約を締結。丸紅は、Fnaticの本格的な日本進出へ向け、ブランド認知向上、ファンベースの構築などの支援を皮切りに、10代から30代のミレニアル世代・Z世代等に支持されるメディア事業の創出を目標にサポートを行っていきます。

2004年に設立されたeスポーツチームFnaticは、2019年に日本のファンへ向けたFNATIC JAPANのTwitterアカウントを開設しており、FnaticのRainbow Six Siege部門、VALORANT部門の選手、大会情報を発信しています。今回の丸紅とのパートナーシップ契約により、更に日本へのメディア事業の拡大は広がるでしょうか。

また、gamesindustry.bizによると、Fnaticは今回の資金調達でこれまで調達した資金が4,400万ドル(約47.9億円)を超えたことを報じています。

5 コメント

  1. なんか日本人向けに色々頑張ってたもんなこのチームも

    返信削除
  2. FnaticジャパンさんはCSGOとかValorantどころかLoLの試合日程すらSNSで宣伝しないやん。丸紅はたいしてEスポーツのこともFnaticのことも理解しないまま出資して金だけとられて終わるやつだろ。

    返信削除
    返信
    1. 最近はするようになってるだろ

      削除
  3. フナはシージだと日本でもかなり人気ある

    返信削除
  4. Fnaticに出資するより普通に日本チームに出資した方が企業としての知名度も価値も上がりそう

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス