Riot Gamesは5月6日、「VALORANT Champions Tour 2021 Stage 3 Masters」を9月9日~19日にドイツ・ベルリンで開催することを発表しました。

今月末にアイスランド・レイキャビクで開催されるVALORANT Champions Tour 2021 Stage 2 Mastersは10チームが参加しますが、ドイツ・ベルリンで開催を予定するStage 3 Mastersの出場チーム数は10チームから16チームに拡大。チーム数拡大に伴い、各地域から出場できる枠数も増加します。

Liquipediaによると、各地域の出場枠は以下になっており、日本は1チームから2チームへ拡大しています。

  • 北アメリカ:4チーム
  • EMEA (ヨーロッパ、CIS、トルコ):4チーム
  • ブラジル:2チーム
  • 韓国:2チーム
  • 日本:2チーム
  • 東南アジア:2チーム
  • ラテンアメリカ:1チーム

また、Stage 3 Mastesrsの優勝チームは11月~12月に開催予定の年間チャンピオンを決定するVALORANT Champions Tour 2021への出場権を直接得られ、現在地域ポイントでファイナルへの出場に届かないチームにとって、非常に重要な大会となります。

追記:公式サイトを確認する限り、Stage 3 Mastersの枠数は書いていない為、詳細な枠数は不明。Liquipediaの情報は、VALORANT Champions Tourの大会形式発表時の情報であり、発表通りに進むと日本からの出場枠は2チームでの実施となる。

7 コメント

  1. 日本2枠って結構優遇されてない?

    返信削除
    返信
    1. 盛り上がりが世界でも上位だし 実力も弱くないし

      削除
    2. VCT発表当初は参加チーム数16で日本2枠だった。2は多分コロナが原因で参加チームを減らさなくてはならないから参加チーム数10で日本1枠だった。要するに本来のフォーマットに戻ったってこと。

      削除
  2. にしても日韓の2国で16中4枠ってすごく多い気がするな
    それだけ流行ってるってことなんかな

    返信削除
  3. 中国0枠のほうが驚き 本国で流行ってないのか規制でリリースされてないのか

    返信削除
  4. マジでCSGOとは一変したなあ

    返信削除
    返信
    1. csgoのメジャー大会は東アジアオープン予選→東アジア予選→Asia Minorの過程で確実にモンゴル、中国に潰されてきたからほんとに優遇されてると思う

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link