本日5月25日(火曜日)より開幕した「VALORANT Champions Tour 2021 Stage 2 Masters Reykjavík」Upper Bracket 1回戦にて、Version1がCrazy Raccoonに2-0で勝利しています。

VALORANT Champions Tour 2021 Stage 2 Masters Reykjavík

VALORANT Champions Tour 2021 Masters Stage 2 Reykjavíkは、5月25日(火曜日)~5月31日(月曜日)の1週間にかけ開催される賞金総額60万ドル(約6,500万円)のオフライン大会です。

VALORANTで初となる地域の代表チームが対戦する世界大会となっており、各地域のChallengersを突破した全10チームが出場します。日本代表として、ChallengersでAbsoltue JUPITERを下したCrazy Raccoonが出場しています。

Version1 vs Crazy Raccoon

 Version1 [2-0]  Crazy Raccoon
 Version1 [13-11]  Crazy Raccoon (Ascent)
 Version1 [13-10]  Crazy Raccoon (Icebox)

Upper Bracket 1回戦では、日本代表Crazy Raccoonと北米のChallengers2位通過のVersion1がBO3で対戦。1stマップはアセント、2ndマップはアイスボックスで行われ、2-0でVersion1の勝利となりました。

1stマップアセントでは、序盤よりVersion1がラウンドを連取しましたが、Munchkinの1vs2クラッチを機にCrazy Racconnの追い上げがスタート。Medusa、Zepherのショットガン2キル、nethの1vs2クラッチなど、12-11まで追い詰めましたが、オーバータイムには惜しくも持ち込めず、13-11でVersion1の勝利となりました。

2ndマップ、Version1が選択したアイスボックスは、1stマップ同様に序盤よりVersion1が試合を有利に展開。11-2まで広げられたラウンド差ですが、後半ラウンドよりCrazy Raccoonが流れを掴み、12-10までラウンドを取り返しましたが、惜しくも1歩及ばずにVersion1が勝利。Upper Bracekt 2回戦へコマを進めました。

Version1は、アストラ、ヴァイパーを積極的に採用するメタを意識したエージェント構成。Version1は、エコラウンドの敵に対しアルティメットオーブを取らせない動きなど、隙を見せない攻防が印象的でしたが、その一方でジェットのpenny、フェニックスのZellsisは比較的自由に動きキルを狙うシーンも多く、緩急あるスタイルのように感じられました。

試合後インタビュー

*一部読みやすくするため変更しています。

ー 初戦、敗れた結果にはなりましたが、感触としてはいかがだったでしょうか?

僕たちとしては十分戦える気で元々いたので、選手みんなショックも大きいと思うんですけど、惜しい所がたくさんあったので、帰ってまた反省会ですねという感じです。

ー 世界大会として各地域からチームが参加していますが、想定していた部分と想定外だった部分を簡単に教えてください。

日本の人へ分かりやすく説明すると、JUPITERみたいな戦い方をしてくるとは、大会の動画を見てたりして思っていましたが、「そこ死んだらやばいんじゃないの」といった場面でバリバリ撃ち合ってくる場面が、ちょっと想外でした。そこで、1ピックを取られ、勿体ないシーンも何度かありました。

ー 5人揃って初めての大会ですが、チームの雰囲気はいかがでしたか?

チームの雰囲気は終始良くて、雰囲気は崩れることなくプレイはできたと思います

ー 緊張された選手はいましたか?

僕は全く緊張しませんでしたが、他の人も同じだと思います。最初、リハーサルと言われステージへ行き、リハーサルが終わって本番の流れと思っていましたが、リハーサルと伝えられていたものが本番で、アセントが始まった瞬間、リハーサルか本番か分からないまま、アセントの1ラウンド目が始まったので、皆の顔、表情はリハーサルの感じであまり良くありませんでしたが、雰囲気はラフな感じで始めることができたので、逆に良かったと思います。

ー 実際戦ってみて、日本にない強みがNAにはたくさんありましたか?

「そこ出てくるの」みたいなタイプが多いのはびっくりしました。日本に希望を与えるわけではないですが、全然戦える相手だと思います。

最後にファンへ一言お願いします。

こんな応援されて負けたまま帰るわけにはいかないので、Loserで勝利してまた期待して頂けるよう頑張ります。

Twitterトレンド入りへ

大会中、#CRWIN、#VCTが常時Twitterのトレンドに入っており、アセントでのneth選手の1vs2クラッチが出た後、Twitterで「nethさん」がトレンド入り。トレンドの上位3位をVALORANTで独占していました。

配信アーカイブ

トーナメント表

現在のトーナメント表は以上になっており、Crazy RacconnはX10 Esorts、Team Vikingsの敗者チームとLower Bracket 1回戦で対戦します。日本時間は5月27日(木曜日)00:00よりスタートします。

5 コメント

  1. 珍しいミス多かったけど
    昔と違ってFPSでも日本はもうただの弱小ではないな

    返信削除
  2. 全然通用するってことが分かっただけでも嬉しい。もっと頑張ってほしい

    返信削除
  3. 惜しかったねぇ~~

    返信削除
  4. Munchkin選手はたしかにすごかったけど他選手も通用する点が多くて本当に嬉しかった
    次の試合も含めて今後に期待できる結果になったと思う

    返信削除
  5. redditとか向こうのキャスター陣の評価とか見てると
    CRめっちゃ強くて驚いたけど緊張しすぎてたっていう意見が多いな
    まあ舐められまくってた日本リージョンの評価上がっててナイスだわ

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス