海外掲示板Redditに投稿されたパッチ3.0適用前と適用後のアビリティ購入価格の比較を紹介します。

今月23日に開幕したエピソード3 ACT1では、全エージェント、全武器にバランス調整が実施され、特にエージェントアビリティは全体的な価格改定が行われました。パッチ3.0適用前と適用後のアビリティ購入価格を示した表は以下になっており、計11人のエージェントのアビリティの購入価格が上昇しています。

エージェント パッチ3.0適用前 パッチ3.0適用後
アストラ 600 600 (±0)
サイファー 600 600 (±0)
キルジョイ 600 600 (±0)
ヴァイパー 400 600 (+200)
ブリムストーン 600 650 (+)
オーメン 600 700 (+100)
フェニックス 600 700 (+100)
スカイ 600 700 (+100)
レイナ 600 700 (+100)
ソーヴァ 500 700 (+200)
ブリーチ 700 700 (±0)
KAY/O - 700 (±0)
ヨル 600 700 (+100)
レイズ 600 800 (+200)
セージ 500 800 (+300)
ジェット 500 900 (+400)

ワシントン・ポストより公開されたインタビューでは、「購入価格の変更は最初は苦痛かもしれない。しかし、敵も同じ状況にあることを知ってほしい。」とVALORANTのゲームディレクター答えているため、いち早くクレジット調整に慣れ、敵に差を付けましょう。

関連記事
VALORANTの2021年6月のランク人口分布図が公開、アイアンからブロンズの割合が全体的に増加
アビリティの破壊速度で比較するファントムとヴァンダルの違い、近距離ではファントム、長距離ではヴァンダルが有利

コメント


Sponsored Link