インド・Velocity Gamingに所属するMarzilのフリックショットが、海外掲示板Redditで話題になっています

シーンは、インド国内で開催された大会「Rooter Rise of Legends」の3位決定戦で行われた「Velocity Gaming vs GodLike Esports」のアセント。アストラのワンウェイスモークが切れた一瞬のタイミングで画面端に見切れたAntidoteに高速なフリックショットを披露しました。

動画がスキップされない方は1:48:42までスキップ

ちなみに、Marzilは2014年からCS:GOの競技シーンで活躍するインドのベテラン選手で、CS:GOでは、OpTic India、Signify、BL4ZE Esportsといった国内トップチームに在籍し、インドの国内大会、予選で10数回タイトルを勝ち取った経歴を持ちます。

そんな中、今年4月にVALORANTへの転向を発表。他のインドの選手と比較して、やや遅れる形でVALROANTの競技シーンに参戦となりましたが、インドのトップチームVelocity Gamingへの加入を発表しました。



完全に余談ですが、「今、インドのVALORANTの競技シーンが熱いぞ」といったことを軽く紹介したいと思います。

インドは、アジアの中でもeスポーツシーンが大きいことで知られ、PUBG Mobile、Free Fireなど、モバイルの競技シーンに目が行きがちですが、CS:GOではESLが主催する国内大会が5年以上開催されるなど、アジアの中でも競技シーンの基盤を持つ数少ない地域の1つでした。

そして、昨年6月にVALORANTがリリースされ、当時VALORANTへ移行したCS:GO選手はほんの数名(rite2ace、Amaretasu、Excaliあたり)でしたが、昨年末から今年にかけCS:GOのベテラン選手からトップシーンの選手が続々とVALORANTへの転向を発表。

その中には、先程紹介したMarzilを筆頭に、DeathMakeR、HellrangeR、HaiVaanなど、アジアのCS:GOシーンをよく見ていた方にとって、馴染み深い選手も数多くいます。

有名選手が続々と移籍、元よりCS:GOが人気だったインドの地域性も相まって、現在VALORANTはインドで急速な成長を見せており、プロリーグの開催、大会の配信アーカイブも数万再生と人気タイトルへ成長しつつあります。

そして、先日にはRiot GamesとNODWIN Gamingが提携を結び、賞金総額3.3万ドル(約350万円相当)の「Valorant Conquerors Championship」の開催を発表。優勝チームは、VALORNAT Champions Tour 2021への出場をかけた「VALORANT Champions Tour 2021 Asia Last Chance」へ出場します。

これまで、インド、南アジア地域はRiot Gamesが主催する公式大会VALORANT Champions Tourへの出場枠が無く、競技シーンはインド国内のみでしたが、今年10月開催予定のLast Chanceで、インドと日本チームが対戦する日も近いかもしれません。競技シーンを追う方は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

2 コメント

  1. とんでもない余談が出てますよ今

    返信削除
  2. 余談の方が文字数多くて草

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link