アメリカ・ロサンゼルスを拠点とするeスポーツチーム「TSM FTX」のVALORANT部門の5人目の選手として、Bangを獲得したことが発表されています。

今月26日、T1への復帰が発表されたBraxに代わって、TSM FTXは競技シーンの経験が少ない17歳の若手選手Bangの獲得を発表。Braxに代わる5人目の選手として、ラインナップへ参加します。

Bangは、Phoenix1、Team Serenityの2つのチームでプレイした経験を持ちますが、Tier 1チームの参加は今回が初。メインエージェントとして使用するレイズの直近3ヵ月のK/Dは1.41、ACSは286と非常に高いスコアを記録しており、VLG.ggのランキングでは4位へランクインしています。

Hazed、WARDELL、Subroza、reltuCなど、CS:GO出身の有名選手を獲得しVALORANTシーンへ参戦したTSM FTXですが、今回のラインナップ変更により、Stage 3でどのような結果を残すか注目が集まります。

新たにbangが加入したTSM FTXのラインナップは以下になります。

 James "hazed" Cobb
 Matthew "Wardell" Yu
 Yassine "Subroza" Taoufik
 Taylor "drone" Johnson
 Sean "bang" Bezerra
 Taylor "Tailored" Broomall (コーチ)
 Stephen "reltuC" Cutler (ベンチ)

コメント


Sponsored Link