ロシアでVALORANTのゲーム内ボイスチャットが利用可能になったことが、VALORANTの開発スタッフより明らかになっています。

昨年3月、Riot Gamesは「法律上で不透明な部分があるため、ロシアでVALORANTのボイスチャット機能を提供することができません。」と発表し、法律上の理由でロシアでVALORANTのゲーム内ボイスチャットを提供できないことを明らかにしましたが、リリースされ約1年、VALORANTのゲームプロデューサーを務めるSara Dadafsharは同問題を解決したことをTwitterで明らかにしています。

2018年7月、テロ対策のため、企業と顧客の通話、メッセージを6ヵ月間保存する法律がロシアで施行されましたが、この法律の影響により、VALORANT、League of Legendsなど、様々なオンラインゲームのゲーム内ボイスチャットに影響を及ぼし、Riot Gamesは2年以上、同問題の解決ができなかったと答えています。

現時点で、Riot Gamesの担当者が同問題をどのように解決したか不明ですが、アメリカ、アジアと比較して盛り上がりに欠けるCISで人口が増加する可能性があると見られています。

関連記事
悪質なボイスチャットで報告されたユーザーの音声録音を開始

コメント


Sponsored Link