G2 Esportsにストリーマーとして所属する傍ら、VALORANT Champions Tourの公式キャスターとして活動するLotherが、スティンガー、ブルドックのバースト射撃の反動をリセットするテクニックを発見しています。

Lotharは、スティンガーのADSを高速で切り替えながら射撃することで、反動がリセットされ、正確にクロスヘア通りに射撃できるテクニックを発見。スティンガーのほか、ADS時にバースト射撃が出来るブルドックでも同様のテクニックが使用でき、自身の配信内では、「左右に動いても、ピークしていても、高速な切り替えでのバースト射撃は非常に正確です。短時間でより大きなダメージが与えられ、ピーク時により真価が発揮されます。」とコメントしています。

以前、スコープの切り替え速度は「切り替え」より「長押し」の方がより高速になるテクニックを紹介しましたが、今回発見された方法も同様に長押しに設定することで、より高速かつ正確な射撃が実現しており、Lotharは、意図していない仕様の可能性が高いため、Riot Gamesへ迅速に修正するようTwitterで投げかけています。

現時点でバグか仕様のいずれかは不明ですが、海外掲示板Redditでは「バグではなく仕様の可能性が高い。」、「ADS切り替えでデッドゾーン(反動)がリセットされるはずがない。」などのコメントが寄せられており、Riot Gamesの発表が待たれる状況となっています。

関連記事
VALORANTのソロランクで勝率を上げる17の心得
スコープ切り替え速度は「切り替え」より「長押し」の方がより高速に、Shroud、TenZ、Daprといったプロが配信で披露

1 コメント

  1. 仕様っぽいけどな~
    別にめちゃくちゃ強いってわけでもなさそうだからテクニックの1つとして捉えていいと思う

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス