VALORANT Champions Tour 2021 Stage 3 ヨーロッパ予選にて、Giants Gamingがグリッチを使用したとして、予選大会の運営・管理を行うFreaks 4U Gamingよりペナルティが下されています。

同大会のオープン予選で行われた「Giants Gaming vs Bref」にて、試合は2-1でGiant Gamingが勝利しましたが、Bref側の選手がGiants Gamingが不正なスパイカメラを使用しているとして、大会運営へ抗議。グローバル競技ポリシーの7.2.6「競技性を損なう行為:悪用」に反するとして、Giants Gamingの失格、再試合を要求しました


今回の指摘を受け、VALORANT Champions Tour 2021 ヨーロッパ予選の大会運営・管理を行うFreaks 4U Gamingは、「試合終了後に調査を行った結果、グリッチの使用が確認されました。」と声明を公開。グローバル競技ポリシーの7.2.6に反するとして、VALORANT Champions Tourの次回大会で1マップの敗北ペナルティを与えることを発表しています

7.2.6. 悪用
ゲーム内のバグを意図的に自信に有利となるように使うことは、悪用行為であり 禁止されます。悪用行為には、大会運営者が意図したとおりに機能しておらず、 VALORANTの設計意図に反したゲーム機能に乗じる行為が含まれます。チーム メンバーは、競技の最初にレフェリーを内々に協議し、特定の行為が悪用行為と みなされるかどうかを確認することができます。Riotは、悪用行為があったかど うかについて、事後的に決定する権限を有するものとします。

昨年11月にも同様の事件が発生し、不正なブーストを使用したGuild Esportsが大会失格処分となりましたが、今回は「グリッチとしてリストに記載されていないグリッチ」だったためにその処分、対応も変わっており、大会へ出場する選手・チームは十分に気を付ける必要がありそうです。

関連記事
VCT ヨーロッパ予選で不正なスパイカメラを使用したとしてコミュニティで物議、一部では失格を望む声
G2に勝利したGuild Esports、不正なブースト使用で大会失格処分に

1 コメント

  1. 審判に確認しておけばなんにも問題なかったのに・・・

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link