先日、EnvyのVALORANT部門より放出が発表されたkabooseですが、放出に伴いVALORANTの競技シーンより引退をアナウンスしています。

昨年5月、CS:GOからVALORANTへの移行を発表し、同年7月に設立されたEnvyのVALORANT部門創設メンバーとして加入を発表したkabooseですが、約1年に及ぶ選手活動を経て、競技シーンより引退を発表。Twitterでは、「現時点ではeスポーツでのキャリアを保留し、他のキャリアに目を向けることを決定しました。eスポーツでは、たくさんの素晴らしい友人ができ、皆さんの今後の成功を願っています。」とコメントしています。

2015年、当時15歳の若さでCS:GOの競技シーンへ参入したkabooseは、Selfless Gaming、Vision Gamingなどのチームで活動。そのキャリアの殆どは、アマチュアチームとしての活動でしたが、Fragadelphia、ESEAなど、Tier-2の大会で結果を残しています。

VALORANT移行後は、EnvyのVALORANT部門創設メンバーとして、FIRST STRIKE North America、VALORANT Champions Tour 2021 Stage 1 MastersでBEST4といった結果を残していますが、新たなキャリアを求めて、今月14日、VALORANTより引退を発表しました。

引退発表のツイートでは、Envyで共に活動したFNSを始め、CS:GO、VALORANTの競技シーンで共にプレイした選手よりコメントが寄せられています。

1 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

プロデバイス使用率ランキング