ブラジルのCS:GOシーンで活躍したableJが、CS:GOからVALORANTへの移行を自身のTwitterで発表しています。

今年で23歳を迎えるブラジル出身のableJは、FURIA EsportsのCS:GO部門で活躍したキャリアを持ち、2019年には自身初となるメジャー大会出場を経験し、同年には賞金総額50万ドルの国際大会ECS Season 7 Finalsで準優勝といった実績を持ちます。

しかし、2019年10月にFURIAのアカデミーチームへ降格となり、昨年9月にモチベーション低下を理由にCS:GOの競技シーンより引退を発表。以降は、FURIA所属のストリーマーとして、配信を主に活動していました。

そして今回、約1年ぶりとなる競技シーン復帰を発表。舞台をCS:GOからVALORANTへ移し、世界トップの選手を目指す意向を明らかにしています。

声明では、選手を引退しストリーマーとして活動する中、自分のやりたいことは本当にこれなのか、正しい道を進んでいるのかの葛藤に悩まされていたことを明らかにしており、2ヶ月間悩んだ末、競技シーン復帰の決断に踏み切ったと明かしています。

現在、今後の所属チーム、オファーについて明らかにしていませんが、CS:GOの世界トップシーンでプレイした経験を持つableJの今後の動向に注目が集まります。

1 コメント

  1. 懐かしい。結構いいチーム入るんじゃない

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス