中国を拠点とするeスポーツチーム「FunPlus Phoenix」のVALORANT部門より、ShadoW、dimasickの2人がベンチへ移動したことが発表されています。

先日開催されたVALORANT Champions Tour 2021 EMEA Stage 3では、プレイオフ出場を果たすも惜しくも最下位といった結果に終わったFunPlus Phoenixですが、VALORANT部門設立当初より所属したShadoW、今年1月に加入したdimasickの2人のベンチ入りを発表。2人は、自身のTwitterにて新たな所属先を求め、オファーを公開しています。

今回のメンバー変更について、VALORNAT部門のマネージャーを務めるpacaは「私たちは常にトップを目指しています。残念ながら、今シーズンは達成することができませんでしたが、私たちはチームにいくつかの変更を行い、新たなラインナップで来シーズンに備えようと思います。私たちは現在、一流の人材をテストしています。2022年の私たちの未来はとても明るいものになると確信しています。」と、VLR.ggにコメントしています

VALORANTの競技シーン初期よりヨーロッパトップチームとして活動し、Stage 1、Stage 2、Stage3共に最終ステージまで進出を果たしたFunPlus Phoenixですが、サーキットポイントは現在11位とラストチャンス予選まで届かず、VALORNAT Champions Tour 2021は今大会で実質的な敗退となります。

中心メンバーを2人入れ替え、「一流の選手をテストしている」と答えていることから、ベテラン勢、新進気鋭の若手選手の獲得を予定していると予測されますが、今後の発表に注目が集まります。

ShadoW、dimasickの2人がラインナップより外れたFunPlus Phoenixのラインナップは以下になります。

 Kyrylo "ANGE1" Karasiow
 Pontus "Zyppan" Eek
 Andrey "Shao" Kiprsky
 Erik "d00mbr0s" Sandgren (コーチ)
 Tobias "ShadoW" Flodström (ベンチ)
 Dmitriy "dimasick" Matvienko (ベンチ)

コメント


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス