アメリカ・ロサンゼルスを拠点とするeスポーツチーム「TSM FTX」が、アカデミーチーム「TSM Academy」を設立したことを発表しています。

昨年6月、VALORANT部門の設立を発表したTSMは、新たに下部組織であるアカデミーチーム「TSM Academy」の設立を発表。昨月に解散を発表したNobleに所属した4人の選手、2人のコーチに、Dcopを加えた計7人が加入しています。

当時と一部メンバーは変更しているものの、Nobleは、VALORANT Champions Tour 2021 NA Stage 3でTSMを2-1で下した経緯を持っており、新進気鋭のチームとして注目を集めています。

一方、Riot Gamesが主催する公式大会は、1つの組織より2チームが出場することは規約で禁じられているため、TSM AcademyはVALORANT Champions Tourへ出場することはできず、Riot Games以外が出場するサードパーティー企業の大会を中心に出場すると予測されます。

VALORANTの競技シーンの初期は北米王者の名を我が物としたTSMですが、Stage 3ではドイツ・ベルリンへの切符を逃すなど低迷期が続いており、新たに設立したアカデミーチームが、今後どうメインチームへ影響を与えるか、注目が集まります。

新たに設立されたTSM Academyのラインナップは以下になります。チームは、現在開催中のNerd Street Gamers Summer Championshipにて、明朝04:00よりCloud9と対戦予定です。

 Colin "Precision" O'Neill
 Nathaniel "payen" Lopez
 Timothy "ZK" Ly
 Brandon "bdog" Sanders
 Carlo "Dcop" Delsol
 Andrew "aRubyz" Seewer (ヘッドコーチ)
 Austin "Apex" Copeland (コーチ)

1 コメント

  1. lolはアカデミーチーム持ってるところが結構あるイメージだからそういうシーンになっていくのかな
    今みたいなシステムの大会だとチームの体力持たないからリーグ制になればいいんだけど…

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス