年間ファイナルへの出場をかけた「VALORANT Champions Tour 2021 APAC ラストチャンス予選」の各地域の出場枠数が発表されています。

VALORANT Champions Tour 2021 APAC ラストチャンス予選

VALORANT Champions Tour 2021 APAC ラストチャンス予選は、2021年10月13日~2021年10月17日にかけ開催されるRiot Games主催の公式大会です。

各地域のサーキットポイント上位チームに加え、地域別の大会を勝ち抜いた計10チームが参加し、優勝チームが今年12月に開催される年間ファイナルへの出場権を手にします。

APAC ラストチャンス予選 出場枠

VALORANTの公式サイトより発表されたAPAC ラストチャンス予選の出場枠数は以下になっており、5つの地域より計10チームが出場します。

  • 東南アジア:3チーム
  • 韓国:2チーム
  • 日本:2チーム
  • 中国:2チーム
  • 南アジア:1チーム

東南アジア、韓国、日本は、VALORANT Champions Tourのサーキットポイントにより決定(東南アジアは2位~4位、韓国、日本は2位~3位)し、南アジアはValorant Conquerors Championshipを優勝した1チームが出場します。

ここで気になるポイントが、中国地域が対象地域に入っている点。中国では、VALORANTが正式リリースされていないこともあり、VALORANT Champions Tourが展開されていない数少ない地域の1つですが、今回出場枠に組み込まれていることから、近日中に中国でのリリースを示唆しているのでしょうか。

また、現時点では日本地域よりREJECTの1チームのみ出場が決定しており、残るチームはStage 3の結果次第で決定します。

5 コメント

  1. アマに負けたチームが出場するくらいならNthでてほしいなぁ

    返信削除
  2. 単純な疑問なのですがなんでReject確定してるんですか?

    返信削除
    返信
    1. 多分vct1、2共に3位でサーキットポイント上位だからだと思う。

      削除
    2. 日本のサーキットポイントは、1位が年間ファイナル、2位~3位がラストチャンス予選に出場できる。
      今のサーキットポイントは、1位がCR、2位がZETA、3位がRCで、CRとZETAのどちらかが年間ファイナル、ラストチャンス予選に出場するって感じで、3位以下の順位はもう変動することないからREJECTは確定してる。
      ちなみに日本チームがStage 3で優勝したら4位のNTHがラストチャンス予選に出場できる世界線もある。

      削除
  3. REJECTはそりゃそうだろうね
    ただ今はチームとしてモチベとか連携とかどうなんやろね

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス