来月12日より開幕する「VALORANT Champions Tour 2021 APAC ラストチャンス予選」へ南アジア代表として出場する「Global Esports」のコーチにShinobiが就任したことが発表されています。

Shinobiは、昨年5月にCS:GOよりVALORNATへの移行を発表し、同年7月にCloud9のVALORANT部門へ加入。Cloud9では、PAX Arena Invitational、Pulse Invitationalで準優勝を果たしていますが、2020年後期は大会で上位入賞を残せない日々が続き、同年12月にCloud9よりリリースされています。

リリースより約9ヵ月間、アマチュアチームで活動していましたが、今月26日にインドのeスポーツチームGlobal Esportsとコーチとして契約を締結したことを発表。来月より開幕するAPAC ラストチャンス予選にて、ヘッドコーチとしてチームに参加します。

2014年よりCS:GOの競技シーンで活動するShinobiは、CS:GO、VALORANT共にIGLとしてチームを牽引した選手で、VALORANTでは主にオーメン、ソーヴァ、ブリーチとサポートエージェントを担当していました。

また、Global Esportsはより良いPING環境を求めインドからタイへ移動しており、APAC ラストチャンス予選へ向けた本気度が伺えます。

新たにShinobiがヘッドコーチに就任したGlobal Esportsのラインナップは以下になります。

 Ganesh "SkRossi" Gangadhar
 Bhavin "HellrangeR" Kotwani
 Akshay "KappA" Sinkar
 Jayanth "skillZ" Ramesh
 Abhirup "Lightningfast" Choudhury
 Josh "shinobi" Abastado (コーチ)

コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス