ロシアを拠点に活動するeスポーツチーム「forZe」が、VALORANT部門の無期限の活動停止を発表しています。

昨年5月にVALORANT部門の設立したforZeは、競技シーンの初期よりCISのトップチームの1つとして活躍。昨年12月に開催されたRiot Games主催の初の公式大会FIRST STRIKE CISでは優勝を果たし、今年3月にはVALORANT Champions Tour 2021 Stage 1 Mastersで準優勝を収めています。

VCTのサーキットポイントは10位と今月10日より開幕するEMEA ラストチャンス予選へ出場を予定していましたが、同じくロシアを拠点とするOne Breath GamingがforZeのメンバーを3人買収したことで、ラストチャンス予選の出場権がOne Breath Gamingへ譲渡(VCTはチームではなく選手がサーキットポイントを保有する)。

そして、メンバーが移籍し約2週間が過ぎる今月5日、forZeはVALORANT部門の解散を発表。Twitterでは、所属した選手の今後の成功を祈るコメントと共に、VALORANT部門の無期限の活動休止を発表しています。

今年9月に開催されたMastersでは、ロシアを拠点に活動するeスポーツチームGambit Esportsの優勝で幕を閉じましたが、CIS地域では依然としてCS:GOの人気が高く、VALORANTはやや盛り上がりに欠ける印象を持ちます。

VALORANT Champions Tour 2021のStage 1、Stage 2、Stage 3が終了し、オフシーズンに突入するVALORNATの競技シーンですが、選手の移籍、解散など、今後も各チームでの発表が増えると予測されます。

コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス