カリフォルニア州ロサンゼルスに拠点を置くeスポーツチーム「100 Thieves」のVALORANT部門に所属するnitr0のインタビューが、Esports.ggより公開されています

今年9月に開催されたVALORANT Champions Tour 2021 Stage 3 Masters Berlinでは4位入賞を果たした100 Thievesですが、大会終了後にIGL兼キャプテンのSteelがベンチへ移動し、サブのb0iがラインナップへ昇格しました。

そして現在、Championsへの出場をかけたNA ラストチャンス予選(LCQ)へ出場中の100 Thievesでは、Steelに代わり、nitr0がIGL兼キャプテンに新たに就任しています。

Esports.ggより公開されたインタビューでは、Steelベンチ入りの理由、トラブル多発のラストチャンス予選についてコメントしています。以下、インタビューより抜粋した文章を引用しています。

以前のインタビューでは、IGLは好きではない、IGLをしない方がストレスが少ないと答えていました。今回、IGLを引き継いだ理由を教えてください。

Steelが100 Thievesに加入する以前、私がIGLを担当していました。しかし、IGLをすることが自分の使命だと改めて感じました。そのことに気づくのに少し時間がかかりました。

Liquidでは、やりたいからIGLを担当していたわけではありません。しかし、2016年のある日、ふとしたことから私のIGL人生が始まり、どんどんとIGLとして成長していきました。

リーダーとして天性の才能を持っていたわけではありませんが、その成長のほとんどが学習と反復によるものです。そのおかげで、ゲームの中でも、ゲームの外でも「リーダー」になることができたと思っています。

Steelがベンチへ移動した理由を教えてください。

チームとのプレイスタイルの違いによる衝突が原因で、それでベンチ入りが決定しました。しかし、Steelとの間に悪い関係はありません。

チームが変化を求めているとき、メンバーはなんとなくそれがわかるものです。これに関しては、経験したことがないと説明が難しいと思います。しかし、一番の理由はプレイスタイルの違いです。

スターティングメンバーへ昇格したb0iは、チームと上手く嚙み合っているでしょうか?

個人的には、とても上手くやっていると思います。彼の役割は、サポートが中心で、スター選手ではありません。そのため、アストラのスター、ヴァイパーの立ち回りを正しく忠実に行うことが非常に重要です。

彼は優れたコミュニケーションスキルを持っており、それが最大のチームへの貢献だと思います。彼はチームの穴を埋めることに長けており、マップ上で誰かが助けを求めている場合、それにすぐに気づくことができます。それが彼の最大の特徴で、全体的に良い選手だと思います。

(NA ラストチャンス予選では、)LANサーバーを使わず、オンラインサーバーを使うということは突然知らされたことで、皆さんも驚いたと思います。実際にプレイしてみてどうでしたか?

試合が開始するまで、オンラインサーバーで試合を行うと知らされていませんでした。私にとっては、急に顔面を殴られたようなものです。「ちょっと待って!」って感じでした。Riot Games側の問題のため、私たちにできることはありませんが、正直なところ、まだよくわかっていません。

サーバーがかなりラグく、アビリティの発動に問題がありました。時にはドローンを使用したHikoの画面が真っ暗になったり、時にはサーバーが10秒間停止し、ただ時間が過ぎるのを待つときもありました。オンラインサーバーのため、技術的な問題が山積みでした。オフラインだった場合、全てが上手くいっていたでしょう。

LANであれば、結果は変わっていたと思いますか?

サーバー問題が原因となり、結果に影響を与えたラウンドは、3ラウンドほどあったと思います。全体の結果としては変わっていなかったと思いますが、特定のラウンドで見ると結果は変わっていたと思います。

NA ラストチャンス予選へ向けて、チームの意気込みを教えてください。

3ヵ月ぶりの対戦だったGen.G、XSETには、事前準備無しで挑んだため、彼らと対戦した中で最も厳しい試合になったと思います。そして、次に対戦するチームに対しては、自分たちの作戦だけでなく、彼らの試合を見て作戦、エージェント構成を研究しようと考えています。

とりあえず1日目は2勝できて本当に良かったです。気持ち的には「楽」になりましたが、実際にはまだまだ「楽」までは遠いです。私たちに今できることは、より良い作戦を準備するだけです。

マッププールに新たに追加されるフラクチャーは、現在のメタに合うと思いますか?

わかりません。個人的な意見は、スクリムや話し合い、研究を行わずに、多くのチームがとりあえずBANすると思います。しかし、マッププールに入れておくには良いマップだと感じています。

このマップは従来のFPSと一風代わったデザインとなっていますが、だからこそ、研究のし甲斐があると感じています。

コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



プロデバイス使用率ランキング