VALORANT Champions Tour 2021 NA ラストチャンス予選で、Cloud9に所属するVanityが見せたナイフキルが話題になっています。

シーンは、Upper Bracket 決勝戦「Cloud9 vs 100 Thieves」の1シーン。Cloud9はスパイク設置後にAロングとショートを切るような形でコズミックディバイドを展開し、Vanityは壁越しぎりぎりに待つEthanを見事にナイフでキルし、2vs4の状況で見事ラウンドを勝ち取りました。

Vanityのプレイに対し、Redditでは「ナイフが貫通するんだったらボディブロックは意味ない」、「スパイクポジションギリギリで壁を展開し解除妨害は強いのでは」、「このシーンを捕らえたオブザーバーが凄すぎる」など、さまざまな意見が寄せられており、Vanityへの称賛に加え、オブザーバーを称えるコメントも多く寄せられています。

また、Cloud9は今大会でVersion1、100 Thieves、Riseを下し優勝を果たしており、来月1日より開催されるVALORANT Champions 2021への出場権を手にしています。

5 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. カチャカチャする以外の使い方があったのか

    返信削除
  2. 上のランク帯とか競技シーンでは既知のテクニックだね!

    返信削除
  3. アジアのLCQで韓国のどっかがヘイブンでやってた気がする
    どこだっけ

    返信削除
  4. いや意味がわからんけど
    なんで弾通さねえのにナイフは届くの?

    返信削除
    返信
    1. 銃の弾は目から出てるけどナイフは先端に判定があるからだよ

      削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



プロデバイス使用率ランキング