Team SecretのVALORANT部門でコーチを務めるGiboのインタビューが、The Clickより公開されています。

ドイツ・ベルリンで開催中のVALORANT Champions Tour 2021グループステージC Lower Bracket 1回戦にて、2-0でCrazy Raccoonに勝利を収めたTeam Secret。The Clickより公開されたインタビュ-では、Team Secretでコーチを務めるGiboが、Crazy Raccoon、Gambit Esportsと対戦した感想やブートキャンプの効果について語っています。

まず、Crazy Raccoonを破りLower Bracket 2回戦への進出おめでとうございます。今回の試合を終えての感想を教えてください。

日ごろから一緒にスクリムを行っていますので、何を選んだらいいのか、何を選んではいけないのかなど、対策が出来ており、メンバー全員が勝てると確信していました。そのため、今回の試合はそれほどプレッシャーは感じていませんでした。

しかし、Crazy Raccoonは個人的にはかなり尊敬しているチームです。

今回の試合では、BORKUM選手がオーメン、witz選手がレイズ、JessieVash選手がセージ(JessieVash選手のセージピックは競技シーン初)など、興味深いエージェント構成をされていました。今回の構成を選んだ理由を教えてください。

スプリットというマップは、各チームが持つこれまでの歴史が非常に重要になります。VALORANTのマップの中でもスプリットは、エージェント構成が5つ以上あるマップですので、対戦するチームによって調整するよう意識しています。

JessieVashがセージをプレイしていたことについてですが、実は彼がソーヴァメインになる前は、セージメインの選手でした。そのため、今回の試合ではメンバー全員が使いやすいエージェントを使っていたんだと思います。競技シーンで初披露とはいえ、その実力に偽りはありません。

Crazy Raccoonに対する策はどのようなものがありましたか?

(スプリットでは)彼らがヴァイパーを選んでくると思っていたので、それに対する策を練っていました。しかし、ヴァイパーではなくソーヴァをピックしてきたので、少し驚きましたが、幸い作戦は上手くいきました。

正直なところ、1試合目のGambit Esoprts戦では接戦になると予想していませんでした。Gambit Esoprts戦に向け、選手に送ったメッセージを教えてください。

「もし負けても次勝てばいいんだよ」、「Lower Bracketから勝ち上がるだけだ」と選手たちに話していました。接戦の末、敗北しましたが、選手たちはモチベーションが下がることはありませんでした。何といっても、彼らは前回の世界王者ですから。

Gambit Esoprts、Crazy Raccoonとの対戦では、新たなファンを世界中で獲得しました。応援してくれるファンの存在が、プレッシャーになると思いますか?

私たちは、下馬評で低く見られているチームだと知っているので、特にプレッシャーを感じることはありません。フィリピンでは約1年間、トップチームとして活躍していましたが、VALORANT Champions 2021の舞台に立つと、そうではないことが分かります。

また、応援してくるファンの存在がプレッシャーになることは無く、むしろ私たちにとってはプラスになります。

今年9月、Bren EsportsからTeam Secretへチームを移しました。移籍して変わったこと、この1年を通しての変化は何かありますか?

Team Secretに移籍した後、まずは「調整」が必要でした。Bren Esportsに在籍していた時は、皆自宅でプレイしていただけでしたので、その間、ブートキャンプは一切行ってきませんでした。

Team Secretに移籍してブートキャンプが行えるようになったのは本当に大きなモチベーションになりました。そして、それが最も大きな「調整」でした。それ以外は全てが順調に進んできた1年だったと思います。

ブートキャンプは今大会のパフォーマンスに良い影響を与えましたか?

そうですね。ブートキャンプは本当に大きな助けになりました。2ヵ月ほど共にしているので、お互いに怒鳴り合い、叫び合うことが大好きな私たちにとって、それは自信に繋がります。

Vikings戦へ向け、意気込みをお願いします。

ブラジルのチームとフィリピンのチームは戦い方が少し似ていると思うので、とても安心して対戦できます。しかし、彼らに勝てるという確証はありません。そのため、限られた時間で対策を練っていくつもりです。

8 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. 作戦の数、成功率がCRと段違いだったな

    返信削除
    返信
    1. 撃ち合いとかじゃなくてTSがCRの行動に対して的確に答えを返してるように見えた。年齢が高い選手が多いTSだからこそできた戦い方だったのかもね。

      削除
  2. 野田クリスタル

    返信削除
  3. 格が違った。
    あれだけ違えば確信するだろう。

    返信削除
  4. TSもブートキャンプしてるんだな
    Vikingsもステージ1で見た時より間違いなく成長してたし日本のZETAもCRもメンバー変更で強くなろうとするんじゃなくて選手の地力を引き延ばす方向にシフトして欲しいな

    返信削除
    返信
    1. ZETAにそれを言うのは酷だろ…
      もう限界までやったよあのチームは

      削除
    2. CRはstage1からのメンツでも問題なかっただろうけど、旧ZETAのメンツで世界に通用するなんて微塵も思わなかったからメンバー変更は納得だわ

      削除
  5. 見てる側も確信していた?

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



プロデバイス使用率ランキング