ロシアを代表するeスポーツチームの1つ「Virtus.pro」が、VALORANTの競技シーンへ新たに参入を検討していると、Dexerto.comが報じています。

Dexerto.comが複数の関係者より得た情報によると、Virtus.proがロシアの競技シーンをターゲットにVALORANTの競技シーン参入を検討しており、FishkaVTom、5MOKESなど、既に複数のアマチュアチームに目星を付けていると明かしています。

2003年に設立されたVirtus.proは、ロシア、ヨーロッパを中心に高い人気を誇るeスポーツチーム。CS:GO、Dota 2、PUBGなど、アカデミーチームを含めると計7つの部門を運営しており、全タイトルでの獲得賞金総額は1,600万ドル(約18億円)以上に上ります。

昨年には同じくロシアのチームGambit Esportsが世界大会で優勝したことから、CISではVALORANTの人気が徐々に右肩上がりとなっていますが、昨年末に開催されたVALORANT Champions 2021におけるロシア語配信の最大視聴者数は僅か6,000人。北米、アジアと比較し、やや盛り上がりに欠けるCISシーンですが、ロシアの大手チームが参入することで、状況は改善されるでしょうか。ロシア、ウクライナなど、CISシーンの今後の動向に注目が集まります。

1 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



人気ゲーミングデバイス