先日、シンガポールのeスポーツチームBleed Esportsへ移籍を発表したsScary。インターナショナルリーグ5チームから届いたオファーを断り同チームへ移籍を決断したsScaryですが、その理由をHubber.ggのインタビューで語りました。インタビューはタイ語のため、Redditの有志により翻訳された文章を引用しています。

私には短期目標と長期目標の2つがあります。短期目標はVALORANT Champions Tourで優勝を収めること、長期目標は家族を養うこと、そして億万長者になることです。Bleed Esportsは長期目標を達成できる待遇で条件を提示してくれました。23歳でこの給与なら、一生お金に困ることは無いと思います。

インターナショナルリーグには参戦できませんが、私にはそのレベルで戦う実力を持っていると思いますし、将来的にはそこで戦うことができると考えています。

Bleed EsportsがXERXIAに支払った買収額は不明ですが、私自身が加入して得た額は私と家族が一生生活に困らない十分な金額でした。(備考:以前、Bleed EsportsのCEOは移籍金は5桁ドル、日本円で数百万円規模と明らかにしていた

「お金のために移籍した」と批判する人もいるかもしれませんが、全員が異なる価値観、考え方を持っているため、私にどうこう言う資格はありません。しかし、私個人の意見としてはプロゲーマーとして一生生活することはできないと考えています。

プロゲーマーにも個人差はあると思いますが、2年、5年、10年が寿命だと考えています。偉業を達成し伝説的存在になったとしても、いずれは人々の記憶から忘れ去られてしまいます。そのため、私にとって重要なことは家族を養うために、短いプロゲーマー人生でいくら稼ぐことができるかということです。「国を代表して世界の舞台で戦っています」と言うより、「今の私の給料は○○ドルです」と話した方が皆さんは驚くと思います。

この選択は私の人生で最も難しい決断で、2週間悩みました。しかし契約後、両親にプレゼントを贈り喜んだ顔を見ると、「こっちを選んで良かったな」と思いました。ファンの皆さんには私の決断を尊重してくれることを願っています。Bleed Esportsでは私の得意分野であるコントローラーを担う予定です。これからも応援いただけると幸いです。

15 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. 素晴らしい選択だと思う
    この年齢でしっかりその判断下せるのはすごいな
    そしてまたBleedで頑張ってくれ

    返信削除
  2. タイとシンガポールに給与差が大きくあるのか、BLEEDの金払いがいかれているのか、どっちなんだい

    返信削除
    返信
    1. 多分どっちも

      削除
    2. BLEEDが金満チームだから
      日本の全てのesportsチーム合わせたよりも 比にならない投資額を受けてる

      削除
    3. >>Bleed EsportsのCEOは移籍金は5桁ドル、日本円で数百万円規模と明らかにしていた)

      テキトーなこという前に記事ちゃんと読めよ
      日本の全チーム合わせて数百万円なわけないやろ

      削除
    4. 投資額と移籍金は違うんじゃ

      削除
    5. >>Bleed EsportsのCEOは移籍金は5桁ドル、日本円で数百万円規模と明らかにしていた)

      >>テキトーなこという前に記事ちゃんと読めよ
      日本の全チーム合わせて数百万円なわけないやろ

      Bleedは50億円超の資金調達に成功してるよ、間違いなく日本の全チームより高額な投資額は受けてるだろうね

      削除
  3. この判断出来るのはトッププロのコントローラーだね!素晴らしい

    返信削除
  4. なんかすごい思った(語彙力皆無)

    返信削除
  5. bleedでも応援してる!

    返信削除
  6. bleedってyayに億提示してたとこだっけ
    待遇すごそう

    返信削除
  7. いいね。ネガティブなこと言う人もいるやろうけど、やっぱ生活かかってるしね

    返信削除
  8. プロの寿命終わってストリーマー移行しても伸びない人沢山いるしプロのうちに稼げるならそれが正解だよな

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。